オリジナル楽曲でつづるバレンタインの恋 ウェイ・ダーション監督最新作、12月16日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月18日 > オリジナル楽曲でつづるバレンタインの恋 ウェイ・ダーション監督最新作、12月16日公開
メニュー

オリジナル楽曲でつづるバレンタインの恋 ウェイ・ダーション監督最新作、12月16日公開

2017年8月18日 21:30

「52Hz のラヴソング」が日本公開「海角七号 君想う、国境の南」

「52Hz のラヴソング」が日本公開
(C) 2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「セデック・バレ」「海角七号 君想う国境の南」などで知られるウェイ・ダーション監督の最新作「52Hz のラヴソング」が、12月16日から日本公開されることが決定した。本作は、全17曲のオリジナル楽曲を使用したラブストーリー。来日中のウェイ監督は、「日本公開が決まって、とても嬉しく光栄です。社会全体が暗い雰囲気に包まれた今、甘く幸せな映画を見てほしくてこの映画を撮りました。日本の皆さんにもこの思いが届いて楽しんでいただけますように」とコメントを寄せている。

ウェイ監督が「セデック・バレ」以来6年ぶりにメガホンをとった本作は、通常のクジラと鳴き声の周波数が異なるため、仲間と“会話”することができず、それでも鳴き続けた実在のクジラ「52ヘルツの鯨」をモチーフとした物語。10年前から温めていた「花屋の女の子とチョコレート店の男の子のラブストーリー」というアイデアに、孤独な人々への「決してひとりではない、I Love You!」というメッセージを加えた。

映画は、バレンタインデーに巻き起こる4人の男女の恋模様を通して、様々な愛の形を映し出す。バレンタイン当日、孤独なパン屋・シャオアンは、片想い中のレイレイにチョコレートをプレゼントしようと計画していた。ある時シャオアンは、配達中に接触事故を起こしてしまい、事故の相手である花屋のシャオシンと一緒に配達することに。一方、同棲中のレイレイとダーハーにも転機が訪れようとしていた。

メインキャストとして、台湾で活躍中のミュージシャンが多数出演しており、人気バンド「宇宙人(Cosmos People)」のシャオユーがパン職人・シャオアン、音楽ユニット「棉花糖」のメンバーとして活動していたシャオチョウが花屋のシャオシンに扮し、ウェイが製作した「KANO 1931海の向こうの甲子園」の主題歌を担当したスミンがダーハー、バンド「小男孩樂團」のミッフィーがレイレイを演じた。4人はオリジナル楽曲の歌唱も担当している。共演には、「セデック・バレ」で歌声を披露したリン・チンタイ、ベテラン歌手のシンディ・チャオ。また、「海角七号 君想う、国境の南」で主演を務めたファン・イーチェン田中千絵も特別出演している。

「52Hz のラヴソング」は、12月16日から東京・ユーロスペースほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
海角七号 君想う、国境の南[Blu-ray/ブルーレイ] 海角七号 君想う、国境の南[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 台湾で社会現象を巻き起こした感動物語がDVDで登場!ままならない日常を不器用に過ごす主人公たちによって紡がれる微笑ましくもほろ苦い群像劇と、届けられることのなかったラブレターを巡る切ない恋物語を描く。
セデック・バレ【通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] セデック・バレ【通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,104 1930年10月27日。台湾の山深き村で起きた事件――その真実を、いま世界が知る。日本、そしてアジア各地で大ヒットを記録した、世紀の問題作!価値観が揺さぶられる、かつて誰も味わったことのない獰猛な映画体験!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi