「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第2シーズン特別版は11月18日劇場公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月6日 > 「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第2シーズン特別版は11月18日劇場公開!
メニュー

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第2シーズン特別版は11月18日劇場公開!

2017年8月6日 16:00

11月18日劇場公開決定!「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」

11月18日劇場公開決定!
(C)創通・サンライズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 太田垣康男氏の人気漫画をアニメ化する「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の第2シーズン全4話に新作シーンを加えた特別編「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」が、11月18日から2週間限定劇場上映されることが決まった。このほど、第2シーズン第8話の配信開始を記念して新宿ピカデリーで行われた、上映&トークイベントで発表された。

同作は、「機動戦士ガンダム」で描かれた一年戦争を背景に、ジオン公国軍のリビング・デッド師団に所属する兵士ダリルと、地球連邦軍ムーア同胞団のイオが繰り広げる宿命の戦いを描き、2015年から16年にかけて第1シーズン(第1~4話)が配信された。第5話からスタートした第2シーズンでは、舞台を一年戦争終結から7カ月後の地球に移し、ダリルが連邦の軍閥を探る諜報任務を遂行する中、イオは試作モビルスーツ・アトラスガンダムのパイロットに選ばれ、さらなる激闘が繰り広げられる。

トークイベントには、イオ・フレミング役の中村悠一、ダリル・ローレンツ役の木村良平、音楽の菊地成孔、サンライズの小形尚弘プロデューサーらが一堂に会し、同作を振り返った。

また、この日に会場で上映された、特別版の特報映像にも話題がおよんだ。「追加シーン用ということでいろいろ収録しているセリフもたくさんあるので、それがどう構成されて映画が完成するのか楽しみ」と期待に胸を弾ませる木村に対し、小形プロデューサーが「前回の劇場版では、戦闘シーンを足しただけでしたが、今回はそれだけではなく、それぞれのキャラのドラマシーンもたくさん盛り込んだので、ぜひ楽しみにしていただきたいですね。アトラス、アッガイの戦闘シーンもこれでもか、というほど増えると思います」と答えて自信を覗かせていた。

なお、「BANDIT FLOWER」各上映劇場では公開初日から、80分におよぶ特典ディスク「MOBILE SUIT GUNDAM THUNDERBOLT Live OPERATION 01 “Rumble & Silence”」や、カトキハジメ描き下ろしボックス、絵コンテ集、原画やスタッフインタビューなどを掲載した100ページの冊子「アニメーションワークス」ほかが付属する、初回限定版ブルーレイ「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER COMPLETE EDITION」が先行販売される。12月8日からは、バンダイビジュアルクラブでの取り扱いもスタートする。価格は1万円(税込み)。12月8日に発売予定の通常版は、ブルーレイが7000円、DVDが6000円、UHDブルーレイとブルーレイの同梱版が9000円(いずれも税抜き)。

(映画.com速報)
機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWE...[Ultra HD Blu-ray] 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWE...[Ultra HD Blu-ray] 最安価格: ¥7,192 『機動戦士ガンダムUC』を手掛けたサンライズ第1スタジオが贈るシリーズ第2弾“機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER”。有料配信された全4話に新作カットを加えパッケージ化。
機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY[Ultra HD Blu-ray] 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY[Ultra HD Blu-ray] 最安価格: ¥5,982 『機動戦士ガンダムUC』を手掛けたサンライズ第1スタジオが贈る、“機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY”の4K ULTRA HD版。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi