リリー・フランキー、「パーフェクト・レボリューション」で演じた“本人”を前に過去を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月13日 > リリー・フランキー、「パーフェクト・レボリューション」で演じた“本人”を前に過去を暴露
メニュー

リリー・フランキー、「パーフェクト・レボリューション」で演じた“本人”を前に過去を暴露

2017年7月13日 18:29

モデルとなった熊篠慶彦氏(写真右から2人目)とは10年来の友人「パーフェクト・レボリューション」

モデルとなった熊篠慶彦氏(写真右から2人目)とは10年来の友人
[拡大画像]

[映画.com ニュース]実話を元に身体障がい者の“性”を描く「パーフェクト・レボリューション」の視聴覚障がい者向けの音声ガイド付き試写会が、7月13日に東京・慶應義塾大学三田キャンパスで開催。上映後には、主演のリリー・フランキー松本准平監督、主人公のモデルである熊篠慶彦氏らによるトークイベントが行われた。

障がい者の性の問題を訴え続けて活動する主人公クマ(リリー)と、人格障がいを抱える風俗嬢のミツ(清野菜名)の究極の愛への挑戦をユーモアをまじえつつ描き出す本作。この日は、慶應義塾大学の岡原正幸教授のゼミの協力の下、バリアフリー試写として開催。視聴覚障がい者がスマートフォンを使用して映画を楽しめる言語バリアフリーサービス「UDCast」を学生たちが体験した。

リリーは、熊篠氏の電動車いすの後ろに乗って登場。2人は10年来の友人であり、リリーは「お芝居するうえでは、知り合いなので『この人、こういう言い方するよね』ってわかってて、苦労はなかったです」と振り返る。ミツを演じた清野については、リリーは「素晴らしかった。俺の役は車いすの中だけだけど、菜名ちゃんが動くことで映画の画を動かしてる。『ミツよりもミツだな』って思いました」と称賛した。

映画では、クマとミツの恋愛模様が描かれるが、モデルとなった熊篠氏と恋人の女性は破局済みという。リリーは「(ヒロインの)ミツのモデルの方が現場の見学にいらしたけど、久しぶりに熊篠くんと会っても目を合わせない(笑)! 現場に変な緊張感がありました」と暴露。熊篠氏は笑いながら「面白おかしくいじってもらえたら僕はいい(笑)。堅苦しい話はできないんで、過去のことを含めて描いていただければ大丈夫です!」と応じていた。

音声ガイドでは、画面内の人物がどんな表情をしているかまでを言葉で伝えるが、表情の解釈が見る人それぞれで異なる場合もあるという問題提起も出た。この点についてリリーは「僕も文章を書いてて、1行では書きにくい場合もある。そういうときはあえて、ぼやかして表現してもいいのかも」と指摘。真面目に語っていたかと思うと、会場の女子学生を見つめて「先生のゼミはエロい学生が多いですね。(就活の)志望は女子アナとかですか? どの局を?」などと絡み始め、会場は笑いに包まれていた。

パーフェクト・レボリューション」は、小池栄子岡山天音余貴美子らが脇を固める。9月29日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi