カトリーヌ・ドヌーブ、「ルージュの手紙」は「人生とは、死とは何かを語る映画」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月23日 > カトリーヌ・ドヌーブ、「ルージュの手紙」は「人生とは、死とは何かを語る映画」
メニュー

カトリーヌ・ドヌーブ、「ルージュの手紙」は「人生とは、死とは何かを語る映画」

2017年6月23日 12:00

「ルージュの手紙」カトリーヌ・ドヌーブとマルタン・プロボ監督「ルージュの手紙」

「ルージュの手紙」カトリーヌ・ドヌーブとマルタン・プロボ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスの最新映画を日本に紹介する「フランス映画祭2017」が6月22日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で開幕。オープニング作品「ルージュの手紙」主演カトリーヌ・ドヌーブマルタン・プロボ監督が舞台挨拶に立った。

フランスを代表する2大女優カトリーヌ・ドヌーブカトリーヌ・フロの初共演作。「ヴィオレット ある作家の肖像」「セラフィーヌの庭」で、女性の生き様を丁寧に描き出したプロボ監督が脚本を執筆し、優秀なベテラン助産師だが融通がきかず生真面目なクレール(フロ)と、自由奔放に生きるクレールの血のつながらない母ベアトリス(ドヌーブ)が30年ぶりに出会い、お互いの生き方を見直してゆく物語。

プロボ監督は「この映画では、自由な女性と、自分の内に閉じこもった女性を描いています。このふたりの女性が、私がカトリーヌを発見したように、お互いを見出し始める作品です。今回この場にカトリーヌと立ててうれしく思っています」と作品を紹介。

重病を患い、余命いくばくもない状態になるものの、軽やかに生を謳歌する女性を演じるドヌーブは「みなさんを感動させ、笑わせる映画です。人生と命とは何か、死とは何かを同時に語っている映画。いつもとは違う切り口でそういった内容を伝えています。ぜひ楽しんでください」と会場に呼びかけた。

「フランス映画祭2017」はTOHOシネマズ日劇、有楽町朝日ホールで25日まで開催。映画「ルージュの手紙」は12月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

(映画.com速報)
ヴィオレット ある作家の肖像[Blu-ray/ブルーレイ] ヴィオレット ある作家の肖像[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,772 『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞ほか7冠に輝いた名匠マルタン・プロヴォが、人生を“芸術”に昇華する苦しみと喜びを描いた感動作。
セラフィーヌの庭[DVD] セラフィーヌの庭[DVD] 最安価格: ¥4,104 実力派女優ヨランド・モローの名演が光る、ある女性画家の半生を描いた人間ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi