パラマウントがYA小説「Labyrinth Lost」の映画化権を獲得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月25日 > パラマウントがYA小説「Labyrinth Lost」の映画化権を獲得
メニュー

パラマウントがYA小説「Labyrinth Lost」の映画化権を獲得

2017年4月25日 20:30

著者のゾライダ・コルドバ

著者のゾライダ・コルドバ
Photo by Robin Platzer/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米パラマウント・ピクチャーズが、ゾライダ・コルドバ著のヤングアダルト小説「Labyrinth Lost(原題)」の映画化権を獲得した。

米ハリウッド・レポーターによれば、本作は魔女の家系に生まれながらも、魔女になる運命に逆らうアレハンドラが主人公。アレハンドラは自分の魔力を捨てる呪文をかけたところ、代わりに家族がチリ・ロスラゴスの闇世界に姿を消してしまい、アレハンドラは特殊能力を持たない親友リシと旅に出て、家族を助けるために忌み嫌う魔力を使うことになる。

パラマウントはこのほかに、アンドレア・ポルテス著「Anatomy of a Misfit(原題)」やサバア・タヒア著「An Ember in the Ashes(原題)」といったヤングアダルト小説の映画化企画を進めている。

「Labyrinth Lost」の監督、脚本家などはまだ明らかになっていない。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi