山下敦弘監督&きだしゅんすけ「ぼくのおじさん」での“共闘”振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月5日 > 山下敦弘監督&きだしゅんすけ「ぼくのおじさん」での“共闘”振り返る
メニュー

山下敦弘監督&きだしゅんすけ「ぼくのおじさん」での“共闘”振り返る

2017年3月5日 12:50

山下敦弘監督ときだしゅんすけ「ぼくのおじさん」

山下敦弘監督ときだしゅんすけ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松田ひ龍平主演作「ぼくのおじさん」が3月5日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭」で上映された。メガホンをとった山下敦弘監督と音楽のきだしゅんすけ氏が、豊橋・開発ビルでの舞台挨拶に臨み、プロデューサーとの“戦い”をひょうひょうとした口調で振り返り、場内の笑いをさらった。

昨年11月3日に全国185スクリーンで封切られた今作は、北杜夫が自身をモデルに書いたロングセラー児童小説が原作。大学で哲学を教える臨時講師・通称“おじさん”(松田)のユーモラスな日常と恋を、おいっ子の小学生・春山雪男の目線で描いている。見合いで出会ったハワイの日系4世・稲葉エリー(真木よう子)に一目ぼれしたおじさんが、コーヒー農園を継ぐため帰国するエリーに会うため、雪男を連れてハワイへ出向き騒動を繰り広げる。

この日は、きだ氏が劇中音楽「恋するおじさん ひとめ惚れ編」と「おじさんサンデー」を生演奏で披露した。山下監督は、「ひとめ惚れなんて、どうしたらいいか分からないから音楽の力に頼りました」と笑う。きだ氏も「この曲は映像を見てから作ったんです。あのシーンのインパクトがあまりにも強いから悩んで、旅をして作りました」と明かした。

山下監督ときだ氏は、「マイ・バック・ページ」などで仕事をともにしており、今作で7度目のタッグ。山下監督は、「僕ときださんが一緒にやる時って、もうひとりプロデューサーがいまして。この人と戦いながら、2人で作っている感じなんです」と話せば、きだ氏も「プロデューサーは、この曲があんまり好きじゃなかったようなんですねえ」と述懐。それでも、「お蔵入りだけは阻止しようと頑張りましたね」(山下監督)、「そんなやり取りがあったおかげで、映画全体の広がりにはなった」(きだ氏)と穏やかな面持ちを浮かべていた。

(映画.com速報)
マイ・バック・ページ[Blu-ray/ブルーレイ] マイ・バック・ページ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,555 激動の時代である1960年代の日本で、二人の若者の運命的な出会いにより引き起こされた衝撃の事件を背景に、現実と理想の狭間で葛藤する若者たちを描いたドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi