I・ユペールが、凛としたおひとり様に ベルリン受賞作「未来よ こんにちは」予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月29日 > I・ユペールが、凛としたおひとり様に ベルリン受賞作「未来よ こんにちは」予告
メニュー

I・ユペールが、凛としたおひとり様に ベルリン受賞作「未来よ こんにちは」予告

2016年12月29日 17:00

「未来よ こんにちは」ポスター画像「未来よ こんにちは」

「未来よ こんにちは」ポスター画像
(C)2016 CG Cinema Arte France Cinema DetailFilm Rhone-Alpes Cinema
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスの若き女性監督ミア・ハンセン=ラブがイザベル・ユペールを主演に迎え、第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した新作「未来よ こんにちは」の公開が3月下旬に決定、予告編がお披露目された。予告編では、人生の後半に思わぬアクシデントに見舞われながらも、自分の人生を見つめながら生きる凛とした主人公を大女優ユペールが好演する姿が切り取られている。

ユペールが、孤独や時の流れを受けとめながら、未来を信じて生きる女性の姿を描いた人間ドラマ。パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と暮らし、2人の子ども独立して充実した人生を送っていた。ところがある年のバカンスシーズンを目前に、夫からは離婚を切り出され、年老いた母も他界。思いがけない出来事が次々と起こり、気が付けばおひとり様になっていた。

未来よ こんにちは」は2017年3月下旬、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • メッセージの評論 メッセージ SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験
  • 夜に生きるの評論 夜に生きる おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
  • 夜明け告げるルーのうたの評論 夜明け告げるルーのうた 日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi