25年ぶりの“ただいま”のためにGoogle Earthで故郷探し「LION」日本版予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月29日 > 25年ぶりの“ただいま”のためにGoogle Earthで故郷探し「LION」日本版予告編
メニュー

25年ぶりの“ただいま”のためにGoogle Earthで故郷探し「LION」日本版予告編

2016年12月29日 15:00

実話を映画化した「LION ライオン 25年目のただいま」「ただいま」

実話を映画化した「LION ライオン 25年目のただいま」
(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
[拡大画像]

[映画.com ニュース] インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を映画化した「LION ライオン 25年目のただいま」のポスタービジュアルと日本版ショート予告編が公開された。

インドで生まれた主人公のサルーは、迷子になったことで家族と生き別れ、オーストラリアの養父母のもとで暮らすことに。成人し、幸せな生活を送れば送るほど、インドの家族への思いを募らせてゆき、サルーは人生を取り戻し、未来への一方を踏み出すため、そして母と兄にあの日言えなかった「ただいま」を伝えるため、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに生まれ故郷を探し始める。

スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテルが青年になったサルーを演じ、サルーの恋人のルーシー役でルーニー・マーラ、育ての母役でニコール・キッドマンが共演。トロント国際映画祭では観客賞次点に選ばれ、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)を含む4部門にノミネートされている。

予告編では、数奇な運命をたどってきたサルーの壮大な旅が断片がちりばめられ、故郷に一歩近づくごとに少しずつよみがえる記憶のかけらが、次第に真実を浮かび上がらせていくさまが描かれた。

「LION ライオン 25年目のただいま」は、2017年4月からTOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開。

(映画.com速報)
スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,071 逆境に負けることなく、愛と希望を手に運命を勝ち取っていく少年を描いたエンタテイメントムービー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi