フォー・セインツ「小さな日記」“完全版”配信スタート! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月24日 > フォー・セインツ「小さな日記」“完全版”配信スタート!
メニュー

フォー・セインツ「小さな日記」“完全版”配信スタート!

2016年12月24日 10:00

[映画.com ニュース] フジパシフィックミュージックは、フォー・セインツ「小さな日記(幻のオリジナルバージョン)」の配信をこのほど、iTunes、Amazon、GooglePlay、Spotifyなどで開始した。

楽曲「小さな日記」は、1967年に誕生。もともと6コーラスで構成されていたが、発売するにあたり、当時の制作サイドの判断で4コーラスに再編され68年に発売された。今回配信された“幻のオリジナルバージョン”は、最初に制作された6コーラスの完全版だ。

配信されることになったきっかけは、15年10月に公開された映画「ベトナムの風に吹かれて」。同作の主題歌「たまには仲間で」を、フォー・セインツの上原徹(フジパシ代表取締役社長)が主演・松坂慶子とのデュエットで担当し話題になったことで、当時のフォー・セインツのファンの記憶が呼び起こされ、商品化のリクエストが相次ぎ、今回の再録が決定した。

同社は、「小さな日記(幻のオリジナルバージョン)」の他にフォー・セインツの新曲2曲、夫婦のためのクリスマスソング「あらためてLOVE SONG」、息子・娘世代へおくるメッセージソング「明日へ未来達」も同時配信開始。エルダー層を中心に訴求していく。(文化通信)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi