能町みね子、人生を大きく変えた映画「アメリ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月4日 > 能町みね子、人生を大きく変えた映画「アメリ」
メニュー

能町みね子、人生を大きく変えた映画「アメリ」

2016年12月4日 11:30

影響を受けた映画を語る能町みね子「アメリ」

影響を受けた映画を語る能町みね子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エッセイストとして数多くの連載を抱えるかたわら、ラジオパーソナリティ、相撲解説者、声優など幅広く活躍する能町みね子が、CS映画専門チャンネル「ムービープラス」で放送中のオリジナル番組「この映画が観たい」に出演。2007年に性別適合手術を受け、戸籍上女性となったが、自身の性別を認識するきっかけとして、ジャン=ピエール・ジュネ監督の「アメリ」(2001)を挙げている。

劇場公開時を振り返り、「当時は性転換とか、男の子が好きとか意識していなかった」というが、主人公のアメリが男性の運転するバイクに2人乗りするラストシーンを見て「バイクの後ろに乗りたい自分に気づいたんです。普通(男性なら)乗せる方だろと。それで『そうか!』と素で思って」とその後の“決断”を後押しする作品になった。「見る前はそんなつもりなかったんですけど、人生を変えてしまったんでしょうね…」(能町)。

ゲストのかけがえのない“映画体験”と、それにまつわる人生エピソードを語る同番組。能町は「アメリ」と同時期に日本公開されたテリー・ツワイゴフ監督の「ゴーストワールド」(2001)についても言及し、退屈な日常をおくるティーンの閉塞感に「リア充に対する呪詛(じゅそ)に引き込まれたし、皮肉なままじゃなく、リアリティを感じた」と自身を重ね合わせる。

加えて、「ヨコハマメリー」(2005)、「映画『立候補』」(2013)、「マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画」(2015)という、一般的には少数者と呼ばれる市民の生き様に迫る邦画ドキュメンタリー3本をチョイス。それぞれに、多様な問題提起をはらむ作品群に対する能町の鋭い視点はもちろん、一種のエンターテインメントとして楽しんでいる姿勢が興味深い。

「やっぱり人の人生を見るのが好きなんでしょうね。(映画を通して)いろんな場所に行きたいですし。映画はあくまで娯楽でなければいけないと思います。見なくてもいいけど、楽しいから見る。なくていいものこそ、なくてはいけないですから」(能町)

「この映画が観たい能町みね子のオールタイム・ベスト」は、12月5日午後11時半からムービープラスで初回放送予定。

(映画.com速報)
アメリ[Blu-ray/ブルーレイ] アメリ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 ちょっと変わったパリの下町娘の可愛い恋と日常を描いた、キュートなガーリー・ムービー。
ゴーストワールド[DVD] ゴーストワールド[DVD] 最安価格: - 米ティーンエイジャーのバイブルと言われる、ダニエル・クロウズ原作コミックの映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi