ヨコハマメリー
ホーム > 作品情報 > 映画「ヨコハマメリー」
メニュー

ヨコハマメリー

劇場公開日

解説

顔を白く塗り、ドレスに身を包んで横浜の街角に立つ老娼婦、通称「ハマのメリーさん」の半生を追ったドキュメンタリー。本作がデビューとなる若干30歳の中村高寛監督が、様々な人々へのインタビューを試み、撮影開始から5年の歳月をかけて完成させた。

ストーリー

歌舞伎役者のように顔を白く塗り、貴族のようなドレスに身を包んだ老婆が、ひっそりと横浜の街角に立っていた。本名も年齢すらも明かさず、戦後50年間、娼婦としての生き方を貫いたひとりの女。かつて絶世の美人娼婦として名を馳せた、その人の気品ある立ち振る舞いは、いつしか横浜の街の風景の一部ともなっていた。“ハマのメリーさん”、人々は彼女をそう呼んだ。1995年冬、メリーさんが忽然と姿を消した。自分からは何も語ろうとしなかった彼女を置き去りにして、噂話は膨らんでいく。いつのまにかメリーさんは都市伝説のヒロインとなっていった。そんなメリーさんを温かく見守り続けていた人達もいた。病に侵され、余命いくばくもないシャンソン歌手・永登元次郎さんもその一人だ。消えてしまったメリーさんとの想い出を語るうちに、元次郎さんはあるひとつの思いを募らせていく。映画「天国と地獄」の中に登場する「外人バー」。そのモデルとなった酒場が、戦後、進駐軍の米兵や外国船の船乗りたちで賑わった大衆酒場「根岸家」だ。客は外国人、やくざや愚連隊、街の不良、米兵相手の娼婦「パンパン」、果ては警察官といった面々だ。無国籍感漂う雰囲気の酒場「根岸家」に集まり、夜な夜な饗宴を繰り広げていた。その当時、メリーさんは“パンパン”として根岸家に出入りし、ライバルたちと熱いバトルを繰り広げていたという。本作に出演するのは、メリーさんと関係のあった人たちや思い入れのある人たち、そして昔の横浜を知る人たちである。それらの人たちのインタビューや取材により、“メリーさん”とは何だったのか、彼女が愛し離れなかった「横浜」とは何だったのかを検証し、浮き彫りにしていく。...

スタッフ

監督
プロデューサー
白尾一博
片岡希
撮影
中澤健介
山本直史
音楽
Since
テーマ曲
渚ようこ
編集
白尾一博
MA
濱田豊
写真
森日出男
イラストレーション
宇野亜喜良
宣伝美術
鈴木一誌

作品データ

原題 Yokohama Mary
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ナインエンタテインメント
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全3件)
  • 観る価値がありすぎた 何か面白そうな映画はないか?と検索していると、不気味な画像が飛び込んできた。 ホラー映画と見間違うかのような、強烈なパッケージ画像だった。 よく見ると、白塗りの濃いお化粧に、フリフリのドレスを着... ...続きを読む

    Arco Arcoさん  2016年6月15日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ネタバレ! マニュアル化され、みんなが同じ顔をした現代で、白塗りのメリーさんが貫いた人生は「粋」でかっこいいです。 また、メリーさんを知る登場人物も自分の美学を昇華させている魅力的な方ばかりでした。不寛容な... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2015年7月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 介護福祉士を目指すキッカケを作ってくれた作品 ネタバレ! メリーさんを知る人々のインタビューから始まり、彼女の生い立ちから、仲間達の人生、そして、戦後の横浜そのものの歴史へと遡っていく。 人物を探すインタビュードキュメンタリーやと、その前に観た『デヴラ... ...続きを読む

    全竜 全竜さん  2012年7月20日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ヨコハマメリー ヨコハマメリー ヨコハマメリー ヨコハマメリー
ヨコハマメリー ヨコハマメリー ヨコハマメリー ヨコハマメリー
2016年2月12日 2016年2月11日 2016年2月10日 2016年2月13日
¥300 ¥432 ¥324 ¥300
iTunes DMM.com GYAO!ストア ShowTime

他のユーザーは「ヨコハマメリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi