遠藤周作×スコセッシ監督「沈黙」上映時間は3時間以内に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月24日 > 遠藤周作×スコセッシ監督「沈黙」上映時間は3時間以内に
メニュー

遠藤周作×スコセッシ監督「沈黙」上映時間は3時間以内に

2016年10月24日 17:00

「沈黙 サイレンス」の一場面「沈黙 サイレンス」

「沈黙 サイレンス」の一場面
Photo Credit Kerry Brown
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠マーティン・スコセッシ監督が、約20年間にわたり企画を温めてきた最新作「沈黙 サイレンス」の上映時間が、3時間以内に収まることになったとThe Playlistが報じている。

同作は、遠藤周作の歴史小説「沈黙」の映画化。アンドリュー・ガーフィールドリーアム・ニーソンアダム・ドライバーのほか、日本からは窪塚洋介浅野忠信イッセー尾形塚本晋也小松菜奈加瀬亮笈田ヨシらが出演している注目作だ。米パラマウント・ピクチャーズは、賞レースシーズン真っただ中の12月23日にアメリカで限定公開すると発表したためアカデミー賞への期待が高まっているが、3時間以上といわれる上映時間が懸念事項となっていた。

しかし、スコセッシ監督はその後も編集を続けたため、現時点での上映時間は2時間39分だという。なお、証言した映画プロデューサーのアーウィン・ウィンクラーによれば、「マーティーの最高傑作」と太鼓判を押している。

沈黙 サイレンス」は17年1月にアメリカで拡大公開。日本でも17年の公開を予定している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi