黒沢清監督の世界デビューを盟友・西島秀俊が祝福「傑作。非常にしっとした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月15日 > 黒沢清監督の世界デビューを盟友・西島秀俊が祝福「傑作。非常にしっとした」
メニュー

黒沢清監督の世界デビューを盟友・西島秀俊が祝福「傑作。非常にしっとした」

2016年10月15日 15:35

画像1

[拡大画像]

[映画.com ニュース]黒沢清監督が10月15日、最新作「ダゲレオタイプの女」が封切られた東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で初日舞台挨拶。これまで「クリーピー 偽りの隣人」など4本の黒沢作品に出演している俳優の西島秀俊が祝福に駆け付けた。

フランスとベルギー資本による黒沢監督にとっては初の海外進出作で、西島は「世界デビュー、おめでとうございます」と花束を贈呈。タハール・ラヒムコンスタンス・ルソーら出演者の名を連ね、「これ、溝口(健二)じゃないですか。傑作です。好きな俳優さんばかり出ているし、うらやましい。黒沢監督は、本当はこれが撮りたかったんじゃないかと思うくらい、非常にしっとした」と称えた。

黒沢監督は、「付き合いが悪いもので、芸能界に知り合いは少ないけれど、西島くんは唯一の友達。出てないのに、ありがたい」と照れることしきり。それでも、「現代のフランスの社会問題を鋭く突くというものではなく、映画そのものに根差した映画表現の豊かさを感じ取っていただければ一番うれしい」と訴えた。

イランのアミール・ナデリ監督の「CUT」(2011)など海外作品への出演経験もある西島は、「1人で乗り込んで、その国のスタッフ、キャストとやる大変さは知っている。監督にはどんどん海外で撮ってもらいたい。もちろん、日本でもですよ」とリクエスト。写真撮影の際は取材陣の求めに応じてポスターの向きを細かく変えるなど、PRにひと役に買った。

既にカナダ・トロント、韓国・釜山、スペイン・シッチェスなど海外の映画祭でも上映されており、黒沢監督は「日本ではあいまいな表現になっちゃうこともあるけれど、それが優秀な通訳がいると命令のように伝わってテキパキと動いてくれる。日本よりも一丸となって、監督のやりたいことを実現しようと動いてくれた。この年で実現したのは幸運だと思う。海外で撮りたいと思っている日本人監督は多いはず」と後進が続くことを期待していた。

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray/ブルーレイ] クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,251 「岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説「クリーピー」を実写映画化したサスペンススリラー。
CUT[DVD] CUT[DVD] 最安価格: ¥3,046 世界的名匠アミール・ナデリ監督が、西島秀俊を主演に迎えた意欲作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi