比嘉愛未、琉球王朝の末裔だった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月2日 > 比嘉愛未、琉球王朝の末裔だった!
メニュー

比嘉愛未、琉球王朝の末裔だった!

2016年10月2日 14:02

美人3姉妹が母の過去をたどるドラマ「カノン」

美人3姉妹が母の過去をたどるドラマ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]比嘉愛未ミムラ佐々木希が3姉妹を演じた映画「カノン」の公開記念舞台挨拶が10月2日、角川シネマ新宿であり、3人と共演の鈴木保奈美多岐川裕美桐山漣雑賀俊郎監督が舞台挨拶に立った。

死んだはずの母が生きていたことを知った3姉妹が、母の過去をたどりながら、自分たちの傷に向き合う姿を描く作品にちなみ、家族からの告白で驚いたことを問われた比嘉は、最近実家の沖縄に帰省した際のエピソードを披露。101歳の曾祖母の家に飾られている紋章についてたずねたところ「何?って聞いたら、うちは沖縄の琉球王朝の末裔なんだよって言われた。なんでずっと言ってくれなかったんだろう」と話し、観客を驚かせていた。

劇中のピアノ演奏のシーンは、3姉妹が実際に演奏し、ピアノ未経験だった比嘉と佐々木は猛特訓したそう。比嘉が「1カ月毎日3~4時間練習して、ピアノと友達でした」と役作りでの苦労を話すと、雑賀監督は「皆さんの女優魂に感服」と褒め称えた。ミムラは、三女役の佐々木が現場でも末っ子気質を発揮していたと明かし「希ちゃんが天真爛漫で、比嘉さんが突っ込んで、私が笑って。みんな仲良く、気が楽だった。空気感がなじむようで楽しかった」と撮影を振り返った。

富山で教師をしている次女・藍を比嘉、専業主婦として東京で暮らす長女・紫をミムラ、生まれ育った金沢の老舗料亭で新女将として奮闘中の三女・茜を佐々木が演じている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi