ディズニー実写版「くるみ割り人形」にミスティ・コープランドが参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月16日 > ディズニー実写版「くるみ割り人形」にミスティ・コープランドが参加
メニュー

ディズニー実写版「くるみ割り人形」にミスティ・コープランドが参加

2016年7月16日 12:30

ミスティ・コープランド「くるみ割り人形」

ミスティ・コープランド
Photo by Andrew Toth/FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] チャイコフスキー作曲のバレエ作品で広く知られる「くるみ割り人形」の、米ウォルト・ディズニーによる実写映画化プロジェクトに、世界的なバレエダンサーのミスティ・コープランドが参加することがわかった。コープランドは、アフリカ系アメリカ人として初めて、世界最高峰バレエ団のひとつであるアメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルになった女性だ。

少女クララがクリスマスプレゼントにもらった人形が動き出すというファンタジックな設定の同バレエは、欧米ではクリスマスシーズンの定番演目。映画版には複数のアニメ作品のほか、エル・ファニングが主演した3D実写版「くるみ割り人形(2009)」がある。

今回の新作は、同バレエとE.T.A.ホフマンの原作「くるみ割り人形とねずみの王様」を下敷きにしている。オリジナル脚本「Somacell」が2012年のブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)入りした気鋭の女性脚本家アシュリー・パウエルが、2年かけて執筆した脚本「The Nutcracker and the Four Realms」をもとに、スウェーデン出身の名匠ラッセ・ハルストレム監督がメガホンをとる。

その他のキャストは未定だが、コープランドは本編中唯一のダンスシーンのリード・バレリーナ役を演じるという。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi