ビートルズだけがすべてだった――ノルウェー発青春映画「イエスタデイ」10月1日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月19日 > ビートルズだけがすべてだった――ノルウェー発青春映画「イエスタデイ」10月1日公開
メニュー

ビートルズだけがすべてだった――ノルウェー発青春映画「イエスタデイ」10月1日公開

2016年6月19日 11:30

ビートルズだけが僕たちのすべてだった「イエスタデイ」

ビートルズだけが僕たちのすべてだった
(C)2014 Storm Rosenberg. All rights reserved.
Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan
Distributed by MAXAM INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロックバンド「ビートルズ」にあこがれる高校生を描くノルウェーの青春映画「Beatles」が、「イエスタデイ」の邦題で10月1日に劇場公開されることが決定した。

「パイレーツ・オブ・カリビアン5(仮題)」の監督コンビ、ヨアヒム・ローニングエスペン・サンドベリが製作総指揮として名を連ね、ノルウェーを代表する作家ラーシュ・ソービエ・クリステンセンが1984年に発表したベストセラー小説「Beatles」を映画化した。

ビートルズ旋風が吹き荒れる1960年代。ノルウェー・オスロの高校生4人組は、屋根裏部屋で聞いたアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」でビートルズのとりこになり、バンド「スネイファス」を結成する。そんななか、ポール・マッカートニーに心酔する少年キムは、映画館で出会い突然キスされた少女ニーナ、ヘビから助けた美少女転校生セシリアにひかれ、ふたりの間で揺れ動く。

「シー・ラヴズ・ユー」「レット・イット・ビー」といったビートルズの名曲が物語を彩る。また、2015年に再結成したバンド「a-ha」のマグネ・フルホルメンが、音楽監督を務めている。

イエスタデイ」は、10月1日から東京・新宿シネマカリテほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi