映画版「テトリス」を米中が共同製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月19日 > 映画版「テトリス」を米中が共同製作
メニュー

映画版「テトリス」を米中が共同製作

2016年5月19日 12:00

ストーリーはSFスリラーの予定

ストーリーはSFスリラーの予定
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]かつて一世を風靡したコンピューターゲーム「テトリス」が中国とアメリカとの合作によって映画化されると、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

Threshold Entertainment Groupを率いる映画プロデューサーのローレンス・カザノフは、Seven Star Worksを率いる中国の実業家ブルーノ・ウーと、合弁会社Threshold Global Studiosを設立。世界市場を視野に入れた映画の企画開発から出資までを一貫して行う予定で、その第1弾として「テトリス」の実写映画化を発表した。

「テトリス」は落ち物パズルの元祖といわれ、映画の下敷きとなる物語が存在しないものの、同社は権利元のザ・テトリス・カンパニーと1年以上にわたり話し合いを続けており、すでにあらすじもできているという。キャストは西洋と中国の俳優の混成で、製作費8000万ドルのSFスリラーとなる模様。中国で2017年のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

2月の夏[DVD] 2月の夏[DVD]最安値: ¥2,557
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi