養子に出された主人公が、30年後に実母と運命の再会「めぐりあう日」予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月26日 > 養子に出された主人公が、30年後に実母と運命の再会「めぐりあう日」予告編
メニュー

養子に出された主人公が、30年後に実母と運命の再会「めぐりあう日」予告編

2016年4月26日 08:00

「めぐりあう日」ポスター画像「めぐりあう日」

「めぐりあう日」ポスター画像
(C)2015 GLORIA FILMS PICTANOVO
[拡大画像]

[映画.com ニュース]自身の幼少期の体験をもとに描いたデビュー作「冬の小鳥」で注目されたウニー・ルコント監督の6年ぶり長編監督第2作「めぐりあう日」のポスター画像予告編が公開された。

再び自身の人生からヒントを得て、母と娘の運命的な再会を繊細に描いた作品で、主演は「君と歩く世界」「灼熱の肌」などに出演したセリーヌ・サレット。予告編では、主人公が実母の手がかりがなかなかつかめずに落ち込む姿や、偶然の出会いから心を揺さぶられる様が、フランスの名カメラマンカロリーヌ・シャンプティエの撮影による美しい映像でつむがれる。

実の親を知らずに育ってきた理学療法士のエリザは、自身の出生を知るため、息子を連れて北フランスの港町ダンケルクからパリにやってくる。ある日、息子が通う学校で働く中年女性のアネットが、患者としてエリザの療法室を訪れてくる。治療を通じて、2人は次第に不思議な親密感を覚えるようになる。

めぐりあう日」は7月30日から岩波ホール他にて全国順次公開。

君と歩く世界 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 君と歩く世界 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 オスカー女優、マリオン・コティヤール主演。両脚を失ったシャチの調教師が絶望からふたたび力強く歩み始める、再生と希望の感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi