エドガー・ライト監督作にスカイ・フェレイラ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月23日 > エドガー・ライト監督作にスカイ・フェレイラ
メニュー

エドガー・ライト監督作にスカイ・フェレイラ

2016年3月23日 12:00

スカイ・フェレイラ「きっと、星のせいじゃない。」

スカイ・フェレイラ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ロサンゼルス出身のシンガーソングライターで、ファッションアイコンとしても注目されているスカイ・フェレイラが、エドガー・ライト監督の新作「ベイビー・ドライバー(原題)」に出演することをインスタグラムで発表した。

同作はライト監督が脚本を執筆。自分のお気に入りサウンドトラックさえあれば、どんな仕事も片付ける若きゲッタウェイドライバー(逃走を幇助する運転手)が、冷酷な犯罪組織のボスに協力を強いられ、成功する見込みのない強盗計画に巻き込まれるという“ロックンロール・カーチェイス・ムービー”だという。

主人公のドライバー役を「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴートが演じ、ケビン・スペイシーリリー・ジェームズジェイミー・フォックスジョン・ハムが共演する。撮影は現在進行中で、2017年3月17日全米公開の予定。

女優としても活躍しているフェレイラは、ニコラス・ケイジイライジャ・ウッド主演の新作スリラー「ザ・トラスト(原題)」に出演しており、3月13日にサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)でプレミア上映された。また、リザ・ジョンソン監督の新作「エルビス&ニクソン(原題)」でスペイシーと共演しており、同作は4月22日から全米公開される。

きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」(岩波書店刊)を、「ファミリー・ツリー」「ダイバージェント」のシャイリーン・ウッドリー主演で映画化し、全米で大ヒットを記録した青春映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi