ナップスター共同設立者の新提案が物議 新作を公開日に視聴できる配信サービス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月23日 > ナップスター共同設立者の新提案が物議 新作を公開日に視聴できる配信サービス
メニュー

ナップスター共同設立者の新提案が物議 新作を公開日に視聴できる配信サービス

2016年3月23日 21:30

ナップスターの共同設立者が新サービス提案

ナップスターの共同設立者が新サービス提案
Photo by Bruno Vincent/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ナップスターの共同設立者として知られるショーン・パーカーが、「スクリーニング・ルーム」と名付けた新たな映画配信サービスを提案し、物議を醸しているとThe Wrapが報じた。

「スクリーニング・ルーム」は、小売価格150ドル程度の専用セットトップボックスを介し、新作映画を劇場公開と同時に家庭にストリーミングするというサービス。1本あたりの視聴料金は50ドル。利用者が支払う50ドルのうち、最大20ドルは興行・配給に還元するシステムだという。

DVD市場の激減からVOD市場での収益増を狙っている映画会社側は前向きで、スティーブン・スピルバーグ監督、ピーター・ジャクソン監督、J・J・エイブラムス監督、マーティン・スコセッシ監督、ロン・ハワード監督らが支持を表明。しかし、観客動員が減るリスクを抱える映画館側は消極的で、全米劇場主協会(National Association of Theatre Owners)の同意を取りつけないことには実現は難しそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi