「下衆の愛」プロデューサー、予算は5万ドル以下「ただし全員にギャラ払った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月18日 > 「下衆の愛」プロデューサー、予算は5万ドル以下「ただし全員にギャラ払った」
メニュー

「下衆の愛」プロデューサー、予算は5万ドル以下「ただし全員にギャラ払った」

2016年3月18日 13:30

会見した渋川清彦、内田英治監督、アダム・トレル氏「下衆の愛」

会見した渋川清彦、内田英治監督、アダム・トレル氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の渋川清彦が主演した映画「下衆の愛」の記者会見が3月17日、東京・日比谷の外国特派員協会で行われ、渋川をはじめ監督・脚本を務めた内田英治、プロデューサーのアダム・トレル氏が出席した。

インディーズフィルムシーンの底辺に巣食う“下衆”な人々の葛藤や映画愛を描いたドラマ。内田監督の前作「グレイトフルデッド」をイギリス、ドイツで配給したトレル氏は、今作に参加した経緯を「監督が『下北沢を舞台にして撮ってみたい、ただし誰もお金を払いたいと思わないだろう』と言っていて、それはいい挑戦になるとビビッときた」と説明し、「非常に低予算で、米ドルでいうと5万ドル以下。ロケーションは僕の家や内田監督のオフィス、いつも飲みに行く店だったり。クルーも9人ほどで、全然寝ないで撮影しました。ただし、全員にギャラを払いましたけどね」と軽妙な口調で明かした。

実体験と伝聞をミックスさせ脚本を書き上げた内田監督は、「日本のメジャー映画では、企画があって、豪華な出演者がいて、その後に脚本ができるという順番が普通」と邦画の慣習に触れた上で、「僕の場合は、先に書いた脚本を好きになってもらってからオファーをする。その時に予算も少ないという話をするので、事務所にはよく怒られます」と苦笑い。続けて、「マネージャーさんなどではなく、役者本人に脚本を読んでもらって、出演するかどうかを決めて欲しいと日々願っています」と切なる思いを込めた。

そんな内田監督の熱意に感化された渋川は、下衆な映画監督役にもかかわらず出演を即決した。「自分の出演映画を見た監督が、すぐにメールをくれました。『脚本を書くから、映画をやらないか』と言われた時点で、自分が引き受けるつもりでいたんです。脚本が面白いかどうかではなく、その熱意で決めていました」と話す。そして、「出演して良かったと思いますか?」と聞かれると、「良かった!」と満面の笑みで言い切った。

今作は台湾ゴールデンホース・ファンタスティック映画祭(4月8日開催)、伊ウディネ極東映画祭(4月22日開催)への出品も決定し、内田監督は「東京の1館くらいで上映されて、海外の映画祭はないだろうと思っていた。でもフタを開けてみたら、僕が狭い考えで作っていたと改めて思った」としみじみ語った。

またこの日、清少納言も愛用していたという日本古来の言葉「下衆(Gesu)」を、オックスフォード辞典に正式申請。申請が認められれば、「オタク」「カワイイ」に続く日本語として登録される。「下衆の愛」は、4月2日から東京・テアトル新宿でレイトショー上映。

グレイトフルデッド[DVD] グレイトフルデッド[DVD] 最安価格: ¥3,201 深刻化する高齢化社会を背景に、孤独老人観察を趣味とする女性と孤独死寸前の老人が繰りひろげる愛憎を描いた異色サスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi