津川雅彦&永瀬正敏&加藤雅也、行定勲監督らアジア人監督のTIFFオムニバス作品に出演決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月14日 > 津川雅彦&永瀬正敏&加藤雅也、行定勲監督らアジア人監督のTIFFオムニバス作品に出演決定!
メニュー

津川雅彦&永瀬正敏&加藤雅也、行定勲監督らアジア人監督のTIFFオムニバス作品に出演決定!

2016年3月14日 08:00

日本からは津川雅彦、永瀬正敏、加藤雅也が参加

日本からは津川雅彦、永瀬正敏、加藤雅也が参加
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同プロジェクトで、行定勲監督、ブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、ソト・クォーリーカー監督(カンボジア)の3人が「アジアで共に生きる(Live together in Asia)」をテーマに製作するオムニバス映画「アジア三面鏡」の主要キャストが発表された。日本からは津川雅彦永瀬正敏加藤雅也が参加する。

行定監督の作品は津川を主演に迎え、マレーシアの鳩舎のある家で家族と離れて暮らす老人とヘルパーの若いマレーシア人女性の心の交流を描く。津川は、「鳩の命と老人の命。鳩の生き方と老人の生き方。見事に対比されています」と脚本を絶賛。「最後に老人はすべてを鳩に託します。果たして鳩は老人の期待に応えてくれるのでしょうか?」と期待をあおっている。老人の息子役として永瀬、ヘルパー役でマレーシアの女優シャリファ・アマニが出演する。

一方、ソト監督作は加藤が主演。日本とカンボジアをつなぐ時代を超えたラブストーリーになるといい、ヒロインには宮本亜門演出の舞台「ライ王のテラス」に出演中のカンボジア女優チュムバン・ソダチビーがキャスティングされた。加藤は、「監督ソト・クォーリーカーさんの女性の視点で、文化も言葉も違う環境で生まれ育った男女の愛を切なく、悲しく演じられればと思います。主人公のように、この映画を通じて日本とカンボジアそしてアジアの国々の映画界との間に友好橋を築ければと思っています」と意気込みを語っている。

メンドーサ監督は、ハリウッドでも活躍するフィリピンの名優ルー・ベローソを主演に、不法滞在で日本を追われ、数十年ぶりに故郷フィリピンに帰ることになる男の心情をあぶりだす。福岡を訪れたことがあるというベローソは、「『アジア三面鏡』に参加できることを光栄に思います。また美しく荘厳な景色が見られ、1番お気に入りの国でもある日本に行けることを大変嬉しく思います」とコメントを寄せている。

「アジア三面鏡」は、10月25日~11月3日に東京・六本木ヒルズほかで開催の第29回東京国際映画祭でプレミア上映される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi