ダイビングの聖地、美しい珊瑚礁の漂海民を描くインドネシア映画公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月7日 > ダイビングの聖地、美しい珊瑚礁の漂海民を描くインドネシア映画公開
メニュー

ダイビングの聖地、美しい珊瑚礁の漂海民を描くインドネシア映画公開

2016年3月7日 08:00

「鏡は嘘をつかない」ビジュアル「鏡は嘘をつかない」

「鏡は嘘をつかない」ビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース]世界遺産に登録された美しい珊瑚礁を持つインドネシアの海域、ワカトビを舞台にした映画「鏡は嘘をつかない」が、6月4日から岩波ホールで公開する。漁に出たまま戻らぬ父の帰りを待ち続ける娘と母の物語だ。

本作の登場人物である漂海民のバジョ族は、海で生まれて海で死ぬと言われ、高床式の小屋で豊かな海の恵みを受けながら生活している。また、インドネシアのスラウェシ島の東南部にあるワカトビは、ダイビングの聖地としても知られており、息をのむ美しい海の映像も本作の魅力のひとつだ。

自然に関するドキュメンタリーを多く製作してきた、カミラ・アンディニ監督の長編デビュー作。ダイビングを通じてワカトビの海とバジョ族の文化や風習に魅了されたというアンディニ監督は、ワカトビ県や世界自然保護基金(WWF)の協賛を得て本作を製作。インドネシアを代表する映画監督で、アンディニ監督の父であるガリン・ヌグロホが、プロデューサーを務めた。本作は、東京国際映画祭でトヨタ・アース・グランプリ、アジア映画賞スペシャルメンションの2つの賞を受賞している。

“海のジプシー”といわれる漂海民のバジョ族が暮しているワカトビ。10歳の少女パキスは、漁に出たきり戻ってこない父の無事を信じて、自分の鏡に父の姿が現れることを、ひたすら願っていた。バジョ族にとって鏡は真実を映す神聖なものだった。母はそんな娘を心配するが、自身も夫の死を受け入れられなかった。ある日、イルカの生態を研究する青年が村にやってきて、母娘の日々が少しずつ変わっていく。

鏡は嘘をつかない」は、6月4日から岩波ホールほか全国順次公開。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi