ケビン・スペイシー、レラティビティ・メディア再建に着手 映画部門の会長に就任 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月16日 > ケビン・スペイシー、レラティビティ・メディア再建に着手 映画部門の会長に就任
メニュー

ケビン・スペイシー、レラティビティ・メディア再建に着手 映画部門の会長に就任

2016年1月16日 07:30

ケビン・スペイシー「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

ケビン・スペイシー
写真:FameFlynet/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]日本の民事再生法にあたる連邦倒産法第11章の適応を昨夏、申請したレラティビティ・メディアが、ケビン・スペイシーの製作会社トリガー・ストリート・プロダクションを買収することになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。経営の健全化を図る同社は、2月中旬からスペイシーを映画部門レラティビティ・スタジオ会長、パートナーのデイナ・ブルネッティを社長として迎え入れ、映画製作の統括を託すことになるという。なお、買収金額は不明だ。

昨年、レラティビティ・メディアは資産5億6000万ドルに対し、12億ドル近い負債を抱えて倒産。その後、テレビ部門を1億2500万ドルで売却し、ライアン・カバノー会長は再建を目指してきた。だが、連邦倒産法の適応を申請した時点で破産保護がかけられたため、複数本ある完成作品を劇場公開できなくなってしまった。

破産保護を外すには、2月に行われる公聴会で裁判官を説得する必要がある。堅実な経営路線へと大きく舵を切ったことをアピールするための“秘策”が、2人をトップに迎え入れることだった。なお、スペイシーのトリガー・ストリート・プロダクションを買収するための資金は、これらのメリットを説明したうえで債権者が負担したようだ。

公開が延期となっているのは、ハル・ベリー主演のスリラー「キッドナップ」やザック・ガリフィアナキス主演コメディ「マスターマインズ」など。スペイシーは、「インディペンデントの製作会社を運営してきた自分にとって、スタジオを運営するのは大きな挑戦です。ですが、これまでの経験で、大きなリスクを取った人こそが、その恩恵を享受することができると学んでいます」と声明を発表している。

ちなみにトリガー・ストリート・プロダクションは、テレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」や、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」「キャプテン・フィリップス」といった映画作品を手がけている。

ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON1 ブルーレイ コ...[Blu-ray/ブルーレイ] ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON1 ブルーレイ コ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,709 手にするはずだった権力を逃した男が、その怒りと失意を政界のパワーゲームにぶつける姿を描く大作ドラマシリーズ。
キャプテン・フィリップス[Blu-ray/ブルーレイ] キャプテン・フィリップス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 名優トム・ハンクス×『ボーン・アルティメイタム』のポール・グリーングラス監督による、国際社会の闇を浮き彫りにする驚愕のサスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi