“ロッキー声優”羽佐間道夫が絶叫、「エイドリアーン」!「クリード」ウェブ限定予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月25日 > “ロッキー声優”羽佐間道夫が絶叫、「エイドリアーン」!「クリード」ウェブ限定予告公開
メニュー

“ロッキー声優”羽佐間道夫が絶叫、「エイドリアーン」!「クリード」ウェブ限定予告公開

2015年12月25日 17:00

羽佐間道夫がスタローンへの思いを語る「ロッキー」

羽佐間道夫がスタローンへの思いを語る
(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シルベスター・スタローンの代表作「ロッキー」シリーズの新章「クリード チャンプを継ぐ男」のウェブ限定となる予告編が公開された。「ロッキー」シリーズでスタローンの吹き替え声優を長らく務めてきた羽佐間道夫がナレーションを担当している。

1983年に第1作「ロッキー」(76)がテレビ放送されて以来、約32年間にわたってシリーズと歩んできた羽佐間は、新章に向けて「約40年間よくがんばった! この『クリード』の登場で、『ロッキー』は映画史に残るシリーズになったと思うよ」と熱いエールを送る。スタローンに対しては「面識はないが、このまま会わない方が素敵かもしれない。心の底からアタックする、不屈の精神みたいなものをずっと貫き通している。そこは40年たっても同じで、彼の燃える魂が映像に反映されている。だから彼の人生とロッキーがオーバーラップする。それが賞賛の的になったんでしょうね」とシリーズを俯瞰(ふかん)した意見を述べた。

今回の予告編では、「全世界を熱狂させたあの伝説のチャンプが再び立ち上がる」「ロッキーからクリードへ、受け継がれる王者の魂。夢に向かって突き進むすべての人々に贈る、愛と希望と感動の物語」とおなじみの渋みあふれる低音ボイスを響かせ、新章を後押しする。それだけでなく、予告編の最後では「エイドリアーン」と叫ぶなど、シリーズファンにはたまらない仕掛けが用意されている。

クリード チャンプを継ぐ男」は、ロッキーのライバルであるアポロ・クリード(カール・ウェザース)の遺児アドニス(マイケル・B・ジョーダン)を主人公に据え、アドニスがロッキーに弟子入りし、世界チャンプとのタイトルマッチに挑む姿を描く。公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi