ピクサー最新作「アーロと少年」父子の温かな絆が伝わる本編映像が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月27日 > ピクサー最新作「アーロと少年」父子の温かな絆が伝わる本編映像が公開
メニュー

ピクサー最新作「アーロと少年」父子の温かな絆が伝わる本編映像が公開

2015年11月27日 19:30

本編映像が公開された「アーロと少年」「アーロと少年」

本編映像が公開された「アーロと少年」
(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオの長編最新作「アーロと少年」の本編映像が公開された。主人公の弱虫な恐竜アーロと父親の温かく強い絆を描いた一場面が収められている。

同作は、「もし隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅していなかったら」という仮定のもと、言葉を話すようになった恐竜たちが生きる地球を舞台に、家族とはぐれてしまった弱虫の恐竜アーロが、孤独な人間の少年とともに繰り広げる冒険と成長を描く。

主人公のアーロは体が小さく臆病で、何をするにも父親頼みだが、その父は幼い息子を危機から救うため自らの身を投げ出し、悲しい死を迎えることになる。その死は、同じく愛する息子を守るために死んだ「ライオン・キング」のムファサを彷彿(ほうふつ)させるとも言われている。

今回公開された映像は、そんな悲劇的な死の前に描かれる、父子の絆が確認できる場面だ。気弱なアーロを心配した父は、無数のホタルが生息する「秘密の場所」に連れ出す。最初は小さな虫にも怯えるアーロだったが、「怖さを乗り越えることで初めて見ることのできる世界がある」と教えられ、ひとたび見え方が変われば、そこには美しい世界が広がっているということを知る。

ホタルが舞う中でアーロと父が絆を深めていくという幻想的なシーンで、家族と離ればなれになってしまい孤独の恐怖と向き合うことになるアーロは、父が残した言葉を胸に家族の元へ戻るため冒険に出ることになる。製作総指揮を務めるジョン・ラセターも、今回公開された場面について、「ピクサーが今まで作ってきた中でも最も感動的なシーンだ」と語っているという。

アーロと少年」は2016年3月12日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi