「アーロと少年」吹き替え、安田成美が恐竜のママ役に 松重、八嶋、片桐はTレックス一家 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月12日 > 「アーロと少年」吹き替え、安田成美が恐竜のママ役に 松重、八嶋、片桐はTレックス一家
メニュー

「アーロと少年」吹き替え、安田成美が恐竜のママ役に 松重、八嶋、片桐はTレックス一家

2015年11月12日 05:00

優しい恐竜のママを演じる安田成美「アーロと少年」

優しい恐竜のママを演じる安田成美
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作「アーロと少年」の日本語吹き替えキャストに、安田成美松重豊八嶋智人片桐はいりといういずれも実力派の俳優たちが決定した。

同作は、隕石が衝突しなかったことで絶滅の道をたどらず、言葉を話すようになった恐竜たちが生きる地球を舞台に、家族と離ればなれになってしまった弱虫の恐竜アパトサウルスのアーロが、孤独な人間の少年スポットとの冒険を通して成長し、絆を深めていく姿を描く長編アニメーションだ。

吹き替えキャストの安田は、臆病なアーロの成長を優しく見守るアパトサウルスのママ役を担当。アーロと兄、姉の3兄姉に平等に愛情を注ぎ、アーロにとっては信じるママの愛が冒険の中で成長を支えてくれるという大切な存在だ。自身も3人の子どもを育てる母親ということから起用された安田は、「子どもを持つ母親ならではの目線で演じられればと思っております」とコメントを寄せている。

松重、八嶋、片桐は、アーロが冒険の途中で出会う強面のTレックス一家の吹き替えを担当。怖さとの向き合い方を教えてくれる迫力満点の父親ブッチに息吹を吹き込む松重は「恐竜を演じるなんて初めてのことではありますが、精一杯声に優しさと説得力を込めて演じたいと思います」と話している。

そして、好奇心旺盛でどこか抜けている弟ナッシュ役を担当する八嶋は「ナッシュは、Tレックスなのにちょっと抜けていてチャーミング。そして明るくてイイ奴なんです。だから恐竜というよりは、そのキャラクターに乗ってナッシュを楽しみたいと思っています」と語り、おしゃべり好きでおてんばな姉ラムジー役を担う片桐は、「初めての声優がディズニー/ピクサー作品、しかも恐竜役! 緊張しつつ腕が鳴ります」と意気込んでいる。

アーロと少年」は2016年3月12日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi