「仮面ライダー555」半田健人、東映特撮作品配信に大興奮「昭和好きにはたまらない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月1日 > 「仮面ライダー555」半田健人、東映特撮作品配信に大興奮「昭和好きにはたまらない」
メニュー

「仮面ライダー555」半田健人、東映特撮作品配信に大興奮「昭和好きにはたまらない」

2015年10月1日 17:05

大興奮の半田健人「がんばれロボコン」

大興奮の半田健人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」といった東映特撮ヒーロー作品の新プロジェクト「東映特撮ファンクラブ」の会見が10月1日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、スマートフォン向け公式アプリでの配信が発表された。

アプリでは、特撮ヒーローコンテンツをはじめ、現在放送中の現役ヒーローたちの秘話、コラムを毎日配信。初配信となる「仮面ライダー鎧武」「烈車戦隊トッキュウジャー」などのライダー・ヒーロー作品のほか、「宇宙刑事ギャバン」「美少女仮面ポワトリン」「がんばれ!!ロボコン」などのメタルヒーローおよび不思議コメディシリーズを含めた100タイトル・全4739話が、月額960円の見放題で提供される。さらに、作品の魅力をシーンごとに語り合えるSNS機能も備えている。

会見には、2003年に仮面ライダー555を演じた半田健人が出席。壇上でアプリを体験した半田は、1966年にモノクロ放送された「悪魔くん」などの過去作ラインナップに大興奮。貴重な作品群に「そういうものが一覧で見られるのは、僕みたいな昭和好きの人間にはたまらない」と目を輝かせ、「初代ライダーとかも、当時小学生だった方が40年ぶりに見てみるとか。お子さんやお孫さんと見ると、新鮮な体験になりますよね」とアピールした。

また半田は、555番のファンクラブ会員証を贈呈され「555と言えば僕しかないですよ。変身ツールは携帯電話で、今は珍しくなったガラケー。『555エンター』で変身してきたなじみの数字なので、この番号を頂けたことで大変光栄です」とニッコリ。同作の出演当時を、「『555』が初の連続ドラマ出演だったんです。それから1年間、この作品に関われるということは、楽しいんですが不安もありました」と振り返り、「第1話は九州ロケから入っていて、そのシーンがちりばめられています。第1話は、しばらく僕は出てこないんですよ。というのも、当時は兵庫の高校に通っていて、スケジュールを東映さんに無理を言って、だから僕の出番が少ないんですよ。それでも東映さんに抜てきして頂いて、本当に思い出深い」と撮影秘話を披露していた。

「東映特撮ファンクラブ」公式アプリは、Google Playで配信中。App Storeでは、準備が整い次第開始される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi