福田雄一監督×間宮祥太朗×浦井健治で「ニーチェ先生」実写ドラマ化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月27日 > 福田雄一監督×間宮祥太朗×浦井健治で「ニーチェ先生」実写ドラマ化!
メニュー

福田雄一監督×間宮祥太朗×浦井健治で「ニーチェ先生」実写ドラマ化!

2015年8月27日 19:30

さとり世代の新人アルバイト・ニーチェ先生が実写に!「HK 変態仮面」

さとり世代の新人アルバイト・ニーチェ先生が実写に!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] コンビニアルバイトの驚きの日常を描いた人気漫画「ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~」が、福田雄一監督のメガホン、間宮祥太朗浦井健治のダブル主演で実写ドラマ化されることが決定した。2016年1月からオンライン動画配信サービス「Hulu」で配信され、地上波でも放送される予定だ。

原作は、松駒氏がTwitterに投稿した業務日誌のつぶやきを、ハシモト氏の作画でコミカライズした痛快コメディ。深夜アルバイト・松駒のもとにやってきたさとり世代の大型新人アルバイト、仁井智慧(ニーチェ先生)らが繰り広げる仰天コンビニライフをつづる。2013年から「コミックジーン」で連載され、4巻までで累計発行部数105万部を突破、2015年版「次にくるマンガ大賞」で4位、「全国書店員が選んだおすすめコミック」3位にランクインするなど注目を集めている。

ドラマ版は福田監督が脚本、演出を手がけ、間宮がニーチェ先生、浦井が松駒を演じる。福田監督は、映画「HK 変態仮面」やドラマ「33分探偵」「勇者ヨシヒコ」シリーズなどを送り出してきたコメディの名手だ。奇しくも、監督デビュー作となった「THE3名様」は深夜のファミレスを舞台にしており、今回オファーを受け「神様に『お前、原点に戻って、笑いを1から考え直せ』と言われた気がしました。今度もコンビニを一歩も出ることなく、どうにもならない人間たちの笑いを考えてみようと思います。幸い、面白い原作、最高のキャストに恵まれました。こんな幸せはなかなかないことです」とコメントを寄せている。

ドラマ初主演となる間宮は「僕自身気になって仕方ない、惹かれて仕様がない。そんな人物を演じることに楽しい胸騒ぎを感じています」と喜びをにじませる。松駒氏のつぶやきや漫画版を読んだそうで、「これをどう映像化していくのかに想像を巡らせるだけで、気分が高揚します。そんな作品を福田雄一さんと作れるだと!? こんなに胸踊ることがあっていいのか。なんということだ。こんなにときめく要素が詰まったものが初主演ドラマ……こんなに恵まれていていいのか。何が起こるかわからない玉手箱を開けるような気持ちで臨みたいと思います」と意気込んでいる。浦井も感激しきりで「シュールで、笑えて、本当に魅力的な原作! それを福田監督がドラマ化するというのは、楽しみで仕方ありません! 原作ファンの方にも認めてもらえるような松駒くんを目指します!!」と意欲十分だ。

原作者・松駒氏は「漫画の実写化といえば『終わった』と辛辣な声も頂戴するものですが、原作者の私からすれば『むしろ始まるの?』という心地です。半信半疑どころか一信九疑です」と吐露。そして「脚本演出は福田雄一さん。『“勇者ヨシヒコ”シリーズ』を手掛けたお方が携わるとは。演じて下さるキャストの方々も雲の上に御住まいかと思う方々ばかりで、五体投地の構えを崩せません。三次元(現実)→二次元(Twitter)→二次元(漫画)→三次元(実写)という特殊な経緯で生まれる作品を、皆様と一緒に楽しめれば原作者冥利に尽きます!」と期待に胸をふくらませている。

33分探偵 DVD-BOX 上巻[DVD] 33分探偵 DVD-BOX 上巻[DVD] 最安価格: ¥10,440 普通にやればたった5分で終わる超簡単な事件を正味33分の放送時間いっぱいまで何とかもたせる名探偵の様を描いた脱力系サスペンス。
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥15,184 鍵をにぎるのは、俺たちなんだよ。勇者ヨシヒコと仲間たちが帰ってきた!!2011年7月に放送された人気ドラマの続編作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi