【全米映画ランキング】「アントマン」V2。アダム・サンドラー主演のSF大作「ピクセル」は2位に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月28日 > 【全米映画ランキング】「アントマン」V2。アダム・サンドラー主演のSF大作「ピクセル」は2位に
メニュー

【全米映画ランキング】「アントマン」V2。アダム・サンドラー主演のSF大作「ピクセル」は2位に

2015年7月28日 18:40

V2を達成した「アントマン」「アントマン」

V2を達成した「アントマン」
(C) Marvel 2015
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先週末の全米ボックスオフィスは、3本の新作がランクインしたが、マーベル・スタジオの新作「アントマン」が約2490万ドルの興収をあげ、首位を守りV2を果たした。

同作の10日間の累計興収は約1億0600万ドルで、グロス(最終興収)は1億5000万ドル近辺になりそう。「マイティ・ソー」(2011年/約1億8100万ドル)、「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(11年/約1億7600万ドル)のグロスと比べてやや劣る成績だが、マーベルのヒーローの中ではマイナーな部類に入るため、及第点といえるだろう。

首位と僅差の約2400万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのは、アダム・サンドラー主演、クリス・コロンバス監督のSFアドベンチャー「ピクセル」。1982年、NASAが友好目的で当時流行していたゲームを入れたメッセージを宇宙に送るが、異星人はそれを果たし状と勘違いし、「パックマン」「ドンキーコング」の姿を借りて地球侵略を開始。攻撃を受け、米大統領は当時のゲームのチャンピオンたちに異星人討伐を依頼するが……というストーリー。批評家からは厳しいレビューが多く集まっており、公開週の首位だけでも獲りたかったがそれも叶わず苦しいスタートとなってしまった。共演はケビン・ジェームズミシェル・モナハンピーター・ディンクレイジブライアン・コックスショーン・ビーン

3位は約2200万ドルの「ミニオンズ」。累計は約2億6100万ドルとなり、3億ドル超えに望みつなげた。4位はジャド・アパトー監督の「Trainwreck」。前週比42%ダウンの興収約1700万ドルで、こちらのグロスは1億ドル近辺になりそう。

そして約1600万ドルのオープニング興収で初登場5位にランクインしたのはジェイク・ギレンホール主演、アントワン・フークア監督のボクシングドラマ「サウスポー(原題)」。一度は頂点に上り詰めたが、自らの起こしたトラブルが元で最愛の妻を亡くし、どん底に落ちたボクサーが再起を賭けて戦う姿が描かれる。レビューはまずまずだが、絶賛評はそれほど多く集まっていない。共演にフォレスト・ウィテカーレイチェル・マクアダムス50セント

その他、6位には「きっと、星のせいじゃない。」で知られるジョン・グリーン原作の同名小説を人気モデル、カーラ・デルビーニュ主演で映画化した青春ドラマ「Paper Towns」がランクインした。

また、今夏最大のヒットとなっている「ジュラシック・ワールド」は累計興収約6億2400万ドルを記録し、全米歴代興収3位となっている。

今週は、早くも「シリーズ最高傑作」と絶賛評が多く集まるトム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ最新作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のほか、エド・ヘルムズ主演のコメディ「Vacation」が公開となる。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+...[Blu-ray/ブルーレイ] キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,201 兵士として不適格とされた青年が、軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」によって“キャプテン・アメリカ”として生まれ変わり、捕えられた仲間や親友を救うため立ちあがる姿を描いたアクション・アドベンチャー!
マイティ・ソー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マイティ・ソー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,036 「スパイダーマン」「X-MEN」のスタン・リーによるマーベル・コミックを実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi