「チャップリンからの贈りもの」のX・ボーボワ監督、仏音楽の名匠に生電話で観客歓喜 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月29日 > 「チャップリンからの贈りもの」のX・ボーボワ監督、仏音楽の名匠に生電話で観客歓喜
メニュー

「チャップリンからの贈りもの」のX・ボーボワ監督、仏音楽の名匠に生電話で観客歓喜

2015年6月29日 21:00

来日したグザビエ・ボーボワ監督「チャップリンからの贈りもの」

来日したグザビエ・ボーボワ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏映画「チャップリンからの贈りもの」が6月29日、フランス映画祭2015の“クロージング”として都内のホールで上映され、グザビエ・ボーボワ監督が観客とのQ&Aに応じた。

「いろんな国を回ってこの作品を紹介し、その度に『ここに来られて大変幸せ』と言っている」というボーボワ監督。「でもそれはウソで本心は家にいたい。でも、日本は心から来られてうれしい。友達にも日本好きは多いし、日本のファッション、和食、文化はとても興味深い」とリップサービスで観客を喜ばせた。

Q&Aでは、「シェルブールの雨傘」や「嵐が丘」を手掛けた名匠ミシェル・ルグランの音楽を使った理由を聞かれると、「この映画には彼の音楽が必要だと思い、受けてくれるか分からないがオファーした。とてもラッキーだったし、彼は今83歳だけれど、非常に若々しく熱意に富んだ人だよ」と説明。音楽は、ルグランの自宅に映像の編集機を持ち込みながらピアノで作曲したそうで、「僕も3週間くらい、朝食や買い物も含めて一緒に過ごし、2人で積み上げながら作っていった」と明かした。

そして、「彼に電話してみようかな」といきなり携帯を取り出し“生電話”。本人が出ると会場からは悲鳴にも近い歓声が上がり、ボーボワ監督も「今、東京で日本の観客と一緒にいるんだ」と報告。電話越しに観客の拍手と歓声を聞いたルグランも「日本の皆さんに乾杯」と若々しい声で応じ、ボーボワ監督もしてやったりの表情だった。

チャップリンからの贈りもの」は、1978年に起きた喜劇王チャーリー・チャップリンの遺体が誘拐された事件をベースに、チャップリンの遺体の入った棺を盗もうとした2人組がたどる珍道中を描く。7月18日から全国で順次公開される。

シェルブールの雨傘[Blu-ray/ブルーレイ] シェルブールの雨傘[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,521 互いに愛し合っていた傘屋の少女と修理工の若者が、戦争に引き裂かれ、別々の人生を歩くまでを描くミュージカル。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi