カンヌ映画祭コンペ選出の米映画2本に明暗 パルムドール最右翼は「キャロル」か!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月20日 > カンヌ映画祭コンペ選出の米映画2本に明暗 パルムドール最右翼は「キャロル」か!?
メニュー

カンヌ映画祭コンペ選出の米映画2本に明暗 パルムドール最右翼は「キャロル」か!?

2015年5月20日 18:30

渡辺謙も出演した「The Sea of Trees」「息子の部屋」

渡辺謙も出演した「The Sea of Trees」
写真:KCS/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]5月13日から開催中のカンヌ国際映画祭も中盤を過ぎ、ナンニ・モレッティガス・バン・サントトッド・ヘインズらの期待作が披露された。モレッティの「My Mother」は、病に倒れた母を看病する女性監督の物語。主人公は女性ながらモレッティ自身の体験も反映された、彼らしい作品。ジョン・タトゥーロがイタリア語のあまり話せない俳優に扮し、コミック・リリーフとして登場するのがご愛嬌だ。かつてパルムドールを受賞した監督の「息子の部屋」のような、静かに迫る悲しさではないものの、見どころのある作品となった。

アメリカ映画として明暗を分ける形になったのが、ガス・バン・サントの「ザ・シー・オブ・ツリーズ(原題)」と、トッド・ヘインズの「キャロル(原題)」だ。ガス・バン・サントは今回珍しく、コンペ作品のなかでもっとも悪い評価を被ってしまった。妻を失った主人公(マシュー・マコノヒー)が死に場所を求めて富士山の樹海を訪れ、瀕死の男性(渡辺謙)に出会う。ふたりの男の彷徨は監督の前作「Gerry ジェリー」をほうふつさせるものの、実験的な大胆さがないのが、逆にファンにとっては物足りない結果となったのかもしれない。とはいえ、大方の悪評の原因である「感傷的」「甘ったるい」という印象はまったくない。一度死を決意したものが、樹海のようなスピリチュアルな場で特別な経験をする過程をみつめた、抑制の効いた美しい作品である。

一方、ヘインズの新作は、現在のところコンペティション部門でもっとも評価が高い。パトリシア・ハイスミスの原作をもとに、50年代のレズビアンの女性(ケイト・ブランシェット)と、彼女にやみくもに惹かれていく若き女性(ルーニー・マーラ)の姿を描く。女優陣の非の打ちどころのない演技、サンディ・パウエルの特徴的な衣装や凝った映像が、完成度の高いエモーショナルな作品を生み出した。今後、映画祭の終盤に向けて好敵手が現れるかどうか、楽しみに待ちたい。(佐藤久理子)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi