明石家さんま×生瀬勝久×水田伸生 初タッグ舞台「七人ぐらいの兵士」再演決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月26日 > 明石家さんま×生瀬勝久×水田伸生 初タッグ舞台「七人ぐらいの兵士」再演決定!
メニュー

明石家さんま×生瀬勝久×水田伸生 初タッグ舞台「七人ぐらいの兵士」再演決定!

2015年3月26日 13:15

「七人ぐらいの兵士」再演決定!

「七人ぐらいの兵士」再演決定!
撮影:須佐一心
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2000年に初演され、タレント・明石家さんまの演劇初出演作として注目を集めた「七人ぐらいの兵士」の再演が決定した。俳優の生瀬勝久が脚本、映画監督で舞台も手掛ける水田伸生が演出を担当し、後に「JOKER」(2004)、「小鹿物語」(06)、「ワルシャワの鼻」(09)、「PRESS」(12)と続いていくことになる3人のカンパニーの初タッグ作品だ。

初演当時に9公演のチケットが5分で完売し、伝説の舞台となっていた今作。舞台は中国大陸のある駐屯地。過酷な状況下でも生きることに貪欲な水嶋上等兵(明石家)が、ほかの兵士を巻き込み脱走を企てる様子を描く。

15年ぶりの再演に際し、内田有紀中尾明慶須賀健太森田甘路ら新キャストが参加する。明石家は「久しぶりに集まりましたが、15年の年月が恐ろしいです(笑)。でも15年前でも45歳ですからね。45歳で演じて不思議なかった役なんで、多分大丈夫じゃないかと」と意気込む。さらに、“どうしても生きたい”兵士を演じるにあたり「何年か年を取って、“人は死ぬのが分かって生きている”ということが身にしみて分かって来たので、その辺をうまく表現できればと思ってます」とコメントを寄せており、15年の月日を経て深みを増した演技が期待できそうだ。

一方、生瀬は「15年ぶりの再演で、とにかく同じものをやるつもりは全くないです。新たなキャストが来て、僕らも歳を取りましたから、次のステージに進んだ『七人ぐらいの兵士』をやりたいと思っています」と抱負を語り、「さんまさんがさんまさんでいてくれたら、僕はきっとこの台本は成立すると思うし、そのエネルギーをお客さんがどう受けて楽しんで頂けるか。見終わった時に、明日も楽しく過ごせるんじゃじゃいかな、と思って頂けるのではと思います」と明石家の熱演に期待を寄せた。

「七人ぐらいの兵士」は、7月5~26日に東京・Bunkamura シアターコクーン(http://www.cubeinc.co.jp)、8月19~25日に大阪・シアターBRAVA!(http://www.umegei.com)で上演される。詳細はそれぞれ公式HPに掲載。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi