天海祐希「マッサン」最終週で朝ドラ初出演 親交深い玉山鉄二に強烈サプライズ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月15日 > 天海祐希「マッサン」最終週で朝ドラ初出演 親交深い玉山鉄二に強烈サプライズ
メニュー

天海祐希「マッサン」最終週で朝ドラ初出演 親交深い玉山鉄二に強烈サプライズ

2015年3月15日 19:10

「マッサン」にサプライズ出演を果たした天海祐希と 主演の玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス

「マッサン」にサプライズ出演を果たした天海祐希と
主演の玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の天海祐希が、NHK連続テレビ小説「マッサン」に出演していることがわかった。最終週147回(3月25日放送)に登場予定の医師・川上一恵役で、天海がNHK連続テレビ小説に出演するのは初めて。天海とは公私ともに親交が深い、主人公・亀山政春(マッサン)役の玉山鉄二には出演が知らされておらず、サプライズでの出演となった。

天海が演じる一恵は、エリーのかかり付け主治医で、エリーとマッサンの友人でもある。玉山と天海は実際に親交が深く、玉山は天海を「僕の姉のみないな存在」と慕い、天海は玉山を「玉ちゃん」と呼ぶ間柄だ。出演の決まった天海は「当日まで玉ちゃんに秘密にしよう」と自らサプライズを提案。台本に天海の名前は印刷されず、スケジュール表にも別名を入れ、衣装合わせや収録当日のスタジオ入りなどでも2人が顔をあわせないよう、厳重な体制がしかれた。

2月17日、NHK大阪放送局のスタジオで行われた撮影でサプライズを決行。リハーサルの演技が始まり、一恵に扮した天海を目の前にした玉山は、「先生……!」という台本にある一言を発した後、完全にフリーズ。その様子を見ていたエリー役のシャーロット・ケイト・フォックスは、「氷のように固まってしまいました……。なんと30秒あまりも固まられて! 私はおなかがよじれる程おかしかったです」と振り返っている。

玉山は「スタッフ、キャスト総出で仕掛けられた“人生初ドッキリ”に引っかかってしまいました(笑)」と驚き、「10カ月間マッサンとして踏ん張ってきたことへの最高のごほうびをいただけた思いです。こんな素敵なサプライズを見事に仕掛けてくれた『マッサン』スタッフの愛に、そして、尊敬する大先輩天海さんに、心より感謝いたします」と感無量の様子だ。

そして、仕掛け人の天海も「一恵先生が私だと分かった時の玉山君の顔と言ったら! 人って本当に驚いた時、あんな顔をするんですね。ありがとう。玉ちゃん!」とご満悦で、「たくさんの皆様に愛され、たくさんの皆さんがつくり上げて来られた作品の最後の最後に出演するなんて、とーっても緊張しましたがとても素敵な経験をさせて頂きました。ありがとうございました」と話している。

連続テレビ小説 マッサン 完全版 ブルーレイBOX2[Blu-ray/ブルーレイ] 連続テレビ小説 マッサン 完全版 ブルーレイBOX2[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥10,260 ウイスキー造りに情熱を燃やした日本人男性と、愛する人の夢をかなえるために見知らぬ国「日本」でその生涯を過ごしたスコットランド人女性。まだ国際結婚が珍しかった時代に夫婦となった二人の笑いと涙、そして愛がいっぱい詰まった冒険物語。
連続テレビ小説 マッサン 完全版 ブルーレイBOX1[Blu-ray/ブルーレイ] 連続テレビ小説 マッサン 完全版 ブルーレイBOX1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,156 ウイスキー造りに情熱を燃やした日本人男性と、愛する人の夢をかなえるために見知らぬ国「日本」でその生涯を過ごしたスコットランド人女性。まだ国際結婚が珍しかった時代に夫婦となった二人の笑いと涙、そして愛がいっぱい詰まった冒険物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi