ダレノガレ明美、理想のタイプは「SじゃなくてドS!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月5日 > ダレノガレ明美、理想のタイプは「SじゃなくてドS!」
メニュー

ダレノガレ明美、理想のタイプは「SじゃなくてドS!」

2015年2月5日 12:45

理想のタイプを明かしたダレノガレ明美「きっと、星のせいじゃない。」

理想のタイプを明かしたダレノガレ明美
[拡大画像]

[映画.com ニュース]不治の病にかかった若い男女の恋を描いた「きっと、星のせいじゃない。」と日本最大級のファッションショーであるガールズアワードとのタイアップ試写会が2月4日、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた。ゲストとして、タレントでモデルのダレノガレ明美、日本版イメージソングを歌うパフォーマンスグループ「AAA(トリプル・エー)」の與真司郎宇野実彩子伊藤千晃らがランウェイを歩いた。

バレンタインデーが近づくこの日、ダレノガレはイベント後の取材で好みの男性のタイプを「亭主関白(な人)!」と明かし、「(理想の男性は)Sじゃ足りない。ドSです!」と宣言。さらに「中学の時にサッカー部の先輩にチョコをあげたら(チョコを)蹴られた。それで『やっぱ好きだわ』ってなりましたね」と仰天エピソードを披露していた。

また、横に並んでいた「AAA(トリプル・エー)」の3人に向かって「『AAA(トリプル・エー)』に入りたかった」と告白し、「本当にエイベックスに履歴書も送ったのに、返ってこない。意外と歌えるし踊れる」とアピール。これを聞いた與真は「ぜひ入って下さい!」とオファーし、ダレノガレを喜ばせていた。

一方、映画については「パートナーがいるとこんなにも違う。私も小さい頃に病気になったことがあるので、あの時こういうパートナーがいたら生活も変わっていたかな」(ダレノガレ)「セリフの一言一言が心にしみる。たくさん泣きました」(宇野)、「女子は恋したくなる映画」(伊藤)と、一同声を合わせて絶賛した。

この日は、ラブリ、松井愛莉堀田茜玉城ティナ八木アリサ水原佑果佐久間由衣らが登場し、ランウェイを華やかに盛り上げた。

きっと、星のせいじゃない。」は、ガン患者である若い男女の恋模様を描いたベストセラー青春小説の映画化。ジョシュ・ブーン監督がメガホンをとり、「(500)日のサマー」のスコット・ノイスタッターマイケル・H・ウェバーが脚本を手がけた。主人公ヘイゼルをシャイリーン・ウッドリー、ガスをアンセル・エルゴートが演じている。

(500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] (500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 恋を信じる男の子と信じない女の子の、ビタースウィートな500日ストーリー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi