高円宮妃殿下「バンクーバーの朝日」ご高覧 主演・妻夫木聡は感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月16日 > 高円宮妃殿下「バンクーバーの朝日」ご高覧 主演・妻夫木聡は感無量
メニュー

高円宮妃殿下「バンクーバーの朝日」ご高覧 主演・妻夫木聡は感無量

2014年12月16日 18:27

高円宮妃殿下と歓談する妻夫木聡「バンクーバーの朝日」

高円宮妃殿下と歓談する妻夫木聡
[拡大画像]

[映画.com ニュース]高円宮妃殿下が12月16日、都内で行われた「バンクーバーの朝日」特別試写会にご出席された。高円宮妃殿下のご高覧には主演の妻夫木聡、共演の亀梨和也石井裕也監督も同席しており、「心から映画を楽しんで頂けているのを隣で拝見した」(妻夫木)、「映画の流れにすごく入り込んで見てくださっていた」(亀梨)、「非常に光栄ですし、隣で見させて頂いてすごくいい思い出になりました」(石井監督)と喜びをかみしめた。

映画は、戦前のカナダ・バンクーバーに実在した日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」が、過酷な肉体労働、貧困や差別と戦いながらひたむきにフェアプレーを続け、多くの人々の希望の星となるまでを描いた。高円宮妃殿下は、高円宮殿下とともに長年カナダと親交をあたためられ、日加協会の名誉総裁を務めている。また、日本サッカー協会名誉総裁を歴任されるなどスポーツにも精通されていることから、今回の試写会が実現した。

「こういった機会を与えて頂いたことは初めてで、緊張していた」と吐露した妻夫木だったが、「すごく嬉しかったのが、いっぱい笑ってくださったこと」「涙を流して頂くよりも、笑って頂くことの方が感動しました」と感無量の面持ち。それだけに、「すごくホッとした。殿下にあれだけ笑って頂けて、映画のヒットは間違いないだろうと確信めいたものを感じた」と安どの表情を浮かべた。

また、本作のロケは栃木・足利で行われており、妻夫木は「一番驚いていらっしゃったのが、『(撮影で)実際にはバンクーバーに行っていない』と言ったら、高円宮妃殿下が『CGとセットの区別がつかず、必死で後ろに電柱がないか探した。それがわからないくらい画の素晴らしさがあった』。そうおっしゃって頂いて、嬉しかったです」と振り返った。亀梨も「せっかくだったらバンクーバーで撮影したかったでしょう」と聞かれたそうで、「ちょっとだけしたかったですと話しました」と語り、妻夫木と笑いあっていた。

バンクーバーの朝日」は、12月20日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi