「乃木坂46」秋元真夏と橋本奈々未、ケンカシーンは「仲良すぎて難しかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月6日 > 「乃木坂46」秋元真夏と橋本奈々未、ケンカシーンは「仲良すぎて難しかった」
メニュー

「乃木坂46」秋元真夏と橋本奈々未、ケンカシーンは「仲良すぎて難しかった」

2014年12月6日 17:00

(左から)秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未と山下敦弘監督「超能力研究部の3人」

(左から)秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未と山下敦弘監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]映画「超能力研究部の3人」が12月6日公開し、主演を務めた「乃木坂46」の秋元真夏生田絵梨花橋本奈々未山下敦弘監督とともに都内劇場で舞台挨拶に臨んだ。

「乃木坂46」の5thシングル「君の名は希望」のミュージックビデオを手がけた山下監督が、同MVの劇中オーディションで3人を選出。映画は大橋裕之の漫画「シティライツ」を原作にしたドラマ部分と、映画の撮影風景を映しているかのように見えるフェイクドキュメンタリー部分の2部構成で展開する。

3人は劇衣装のセーラー服姿で登壇し、それぞれが自分自身を演じたフェイクドキュメンタリーの撮影を振り返った。秋元は生田と衝突するシーンについて「生ちゃんとは元々、そんなに仲良くないんでやりやすかった」と言い会場をどよめかせるが、あわてて「ウソです(笑)。仲良すぎて難しかったです」と否定。劇中のみならず「今もちょっとずつみなさんをだましていこうかと」といたずらっぽく笑った。

これに対し、橋本も「2人がぶつかるのを仲裁し取り持つという役だったんですが、私もそんなに2人と仲良くないので……」と笑いを誘う。生田は「役でのケンカでしたけど、ホントにケンカした後みたいに仲良くなった」と語り、橋本は「私もケンカしたかった。2人に感情ぶつけたかったです」とうらやましそうだった。

また、橋本は山下監督に「監督はたくさんの女優さんと接してますが、私たち3人と接して、他の女優さんにはないものを感じたりしましたか?」と果敢に質問。山下監督は「僕が今までやって来た人は(仕事の)メインは女優さんだけど、3人はアイドルがメイン。そういう人とは初めてで、忙しい中で疲れながらも仕事している姿を見て『アイドルと仕事してるんだな』と感じることがあった。撮りながら、最初は3人を女優の側に引っ張ろうと思ったけど、だんだん僕がアイドルの3人の方に寄っていった」と語り、3人を感激させていた。

この日会場では「乃木坂46」のメンバーである生駒里奈からの映像メッセージが紹介され、本作が生駒の故郷の秋田、そして橋本の故郷である北海道の旭川で公開されることが決まったと伝えた。橋本は「最初、(道内では)札幌しか(公開の予定が)なかったので、親に見てもらえないかな、DVDを送るしかないかなと思ってましたがよかった!」と満面の笑みを浮かべていた。

超能力研究部の3人」は公開中。

24時間女優-待つ女- 橋本奈々未(乃木坂46)×栢菅翼[DVD] 24時間女優-待つ女- 橋本奈々未(乃木坂46)×栢菅翼[DVD] 最安価格: ¥2,237 ドラマの撮影に許された時間は24時間!若手女優と気鋭の映像監督が24時間以内に8分間の短編ドラマを撮影する。ドラマのテーマは「待つ女」。それぞれの監督が共通のテーマから様々なストーリーを紡いでいく。本作は、放送第7回「女優・橋本奈々未(乃木坂46)×監督・栢菅翼」。
BAD BOYS J Blu-ray BOX 豪華版<初回限定生産>[Blu-ray/ブルーレイ] BAD BOYS J Blu-ray BOX 豪華版<初回限定生産>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥17,502 抗争を繰り返す広島の街。ここで、ナンバー1グループ“ビイスト”はじめとする強大なグループの数々がひしめいていた。ところが、どこにでもいるような高校生・司が“極楽蝶”リーダーの座を受け継ぐことになり、この街の均衡に少しずつ変化が訪れる…。熱く激しくまっすぐに、己を信じて突き進む若者たちが火花を散らす青春ドラマが誕生!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi