「百円の恋」新井浩文が安藤サクラを激賞「日本でNo.1の女優」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月26日 > 「百円の恋」新井浩文が安藤サクラを激賞「日本でNo.1の女優」
メニュー

「百円の恋」新井浩文が安藤サクラを激賞「日本でNo.1の女優」

2014年10月26日 11:15

ティーチインに臨んだ(左から)足立紳、 新井浩文、安藤サクラ、武正晴監督

ティーチインに臨んだ(左から)足立紳、
新井浩文、安藤サクラ、武正晴監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 安藤サクラ主演の映画「百円の恋」が10月25日、第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で公式上映された。安藤はじめ、共演の新井浩文、脚本の足立紳武正晴監督は、上映後のティーチインに出席。観客の質問にひとつでも多く答えようとする4人の姿勢が会場を沸かせた。

松田優作さんの出身地・山口県で開催された2012年周南映画祭の脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武監督がメガホンをとり映画化。不器用でどん底の生活を送っていた32歳の一子(安藤)が、中年ボクサーの狩野(新井)と出会い、ボクシングを通して変化していく姿を描く。

武監督は「4年前、仕事がなかったから足立さんとシナリオを作った。僕は男性が主人公の作品が多かったから、女性が頑張る作品が見てみたかったんです。足立さんには自由に書いてほしいとお願いしました」と述懐。足立も「どうにか映画にしたかった。松田優作賞を取れたら営業しやすくなるかなって(笑)」とおどけてみせた。

安藤が本作のオーディションを受けた理由を「戦いたいと思ったから」と端的に明かすと、武監督も「僕らも戦いたかった。(松田優作賞という)頂いた冠をやりきれる俳優を探していたら安藤さんが来てくれて、一子が来たと思いました」と相思相愛の様子を見せた。

新井の出演理由は「素敵な脚本と、安藤サクラが主演だから」とキッパリ。「個人的には今の日本映画界でNo.1だと思っている女優さん」と安藤をほめちぎった。思わぬ称賛を受け「どうしたらいいんでしょう」としどろもどろの安藤に、すかさず新井が「あとでご飯おごってください」とおねだり。安藤も「そのためか(笑)」とやっと笑顔を取り戻した。

また、劇中で驚異的な体型の変化を見せる安藤に、減量期間について質問が飛ぶと「撮影が始まって10日間で絞った。人の体ってすごいなあって(笑)」と自分でも信じられない様子。新井も、一時期は水も飲まないほどの減量を行ったといい「こういう肉体改造はもうやりたくないです」と冗談交じりに過酷な撮影を振り返り、「いい作品に出合わなければいい俳優とは言われない。今までもあったが、今回もそういう作品だと思っています」と自負をにじませた。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] 最安価格: ¥3,681 ゼロ年代を生きる若者たちのやり場のない怒りや衝動を描いた青春ロードムービー。
セイジ-陸の魚- DVD[DVD] セイジ-陸の魚- DVD[DVD] 最安価格: ¥3,645 破滅と救いが世界を変えていく―。辻内智貴のベストセラー小説「セイジ」を、俳優としても活躍する伊勢谷友介が映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi