京都国際映画祭開幕!牧野省三賞は木村大作が受賞「あと5年は頑張る」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月16日 > 京都国際映画祭開幕!牧野省三賞は木村大作が受賞「あと5年は頑張る」
メニュー

京都国際映画祭開幕!牧野省三賞は木村大作が受賞「あと5年は頑張る」

2014年10月16日 18:31

牧野省三賞を受賞した木村大作監督と津川雅彦

牧野省三賞を受賞した木村大作監督と津川雅彦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第1回京都国際映画祭が10月16日、京都・祇園甲部歌舞練場で開幕し、オープニングセレモニーが行われた。この日は、京都映画祭から継承する牧野省三賞が発表され、日本を代表するキャメラマンで監督の木村大作が受賞した。

セレモニーの最後に、プレゼンターを務めた津川雅彦に名を呼ばれた木村監督は小走りで登壇し、「皆さん、挨拶が長い!」と“大作節”で場内の爆笑を誘った。その後は、マイクを使わず「1958年に牧野さんが亡くなられたが、私が18歳で映画界に入った年でもある。津川さんが牧野さんの孫なら、僕は映画の孫。これからも日本の映画が発展するよう、あと5年くらいは頑張ろうと思います」と息巻き、場内の喝さいを浴びていた。

セレモニーが行われた祇園甲部歌舞練場は、祇園甲部の芸妓・舞妓が技芸を発表する場。京都に春を告げる風物詩のひとつ「都をどり」が披露される会場としても知られており、約150人のゲストが京情緒を堪能した。モスト・リスペクト賞はクリント・イーストウッドが戴冠したが、ワーナーエンタテインメントジャパンのウィリアム・アイアトン社長が代理でトロフィーを受け取った。

また、モスト・リスペクトin Paris賞に輝いた女優のイレーヌ・ジャコブは、「こんにちは、いつもお世話になっています」と日本語でスピーチ。作家・平田オリザ氏とのコラボレーションによる演劇制作のため、約6週間前に来日したそうで、「滞在中にこの映画祭が開催され、しかも賞をいただけるなんて大変光栄です。映画祭開催に向けて尽力された中島(貞夫)さん、奥山(和由)さん、本当におめでとうございます」とエレガントな笑みを浮かべ、客席のため息を誘っていた。

キャッチコピーが「京都は、人を試す」に決まった同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の志を継承しながら「映画もアートもその他もぜんぶ」と銘打ち、映画にとどまらずアート、パフォーマンス、工芸など、あらゆる分野へと対象を広げて展開していく。第1回京都国際映画祭は、19日まで。よしもと祇園花月、イオンシネマ京都桂川ほかで開催。

なお、この日の主な出席者は以下の通り(順不同)。

津川雅彦ウィリアム・アイアトンイレーヌ・ジャコブ竹野内豊松雪泰子黒島結菜池田優斗板尾創路蝶野博内田裕也哀川翔木村祐一、品川ヒロシ、波岡一喜藤田容介研ナオコ三浦貴大徳永えり杉野希妃林海象石橋義正二階堂ふみ長谷川博己工藤夕貴、ちすん

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi