ピクサー2年ぶり長編作 “感情”が主人公の「インサイド・ヘッド」15年7月公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月3日 > ピクサー2年ぶり長編作 “感情”が主人公の「インサイド・ヘッド」15年7月公開決定
メニュー

ピクサー2年ぶり長編作 “感情”が主人公の「インサイド・ヘッド」15年7月公開決定

2014年10月3日 05:00

「インサイド・ヘッド」に登場する感情たち (左から)アンガー=怒り、ディスガスト=嫌悪、 ジョイ=喜び、フィアー=恐れ、サッドネス=悲しみ「インサイド・ヘッド」

「インサイド・ヘッド」に登場する感情たち
(左から)アンガー=怒り、ディスガスト=嫌悪、
ジョイ=喜び、フィアー=恐れ、サッドネス=悲しみ
(C)2014 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオの長編最新作「インサイド・アウト(原題)」が、「インサイド・ヘッド」の邦題で2015年7月18日に日本公開されることが決定した。ピクサーの長編作品の劇場公開は「モンスターズ・ユニバーシティ」以来2年ぶりとなる。

風船を付けた家で大空を冒険する老人を描き、アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した「カールじいさんの空飛ぶ家」や、クローゼットの向こうに広がるモンスターの世界をイマジネーションたっぷりに描き出した「モンスターズ・インク」のピート・ドクター監督が手がける最新作。これまでも独創的な世界を描いてきたピクサー作品だが、今作は「人間の頭の中」が舞台という、これまで以上に独創的なファンタジーで、11歳の少女ライリーの頭の中に存在する、ジョイ(喜び)、アンガー(怒り)、ディスガスト(嫌悪)、フィアー(恐れ)、サッドネス(悲しみ)という、キャラクター化された感情たちが主人公となる。

田舎町で明るく幸せに育った少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくる。ライリーが新しい生活に慣れようとする中、ジョイやアンガーといった感情たちは、それぞれが彼女の幸せを守ろうとぶつかり合ってしまう。そんな感情たちの行動がライリー自身の感情となり、予想のつかない大事件を巻き起こしてしまう。

ピクサーの主要メンバーでもあるドクター監督は、「カールじいさんの空飛ぶ家」「モンスターズ・インク」のほか、「トイ・ストーリー」のキャラクター開発、「ウォーリー」の脚本原案&製作総指揮など、ピクサーの傑作群に深く関わってきたクリエイターだ。そんなドクター監督が、自身の娘の成長を見守る中で見つけた心の変化に着想を得た作品で、「これ(『インサイド・ヘッド』)は誰しもが経験したストーリーだから興味を持ってもらえると思うよ」と、人々が子どもから大人へと成長していく過程で経験する変化を描いたストーリーであることに、自信をのぞかせている。

カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 妻を亡くし一人になったことを契機に、一世一代の冒険へと旅立つ老人が繰り広げる冒険を通じ、果てなき可能性のある人生の素晴らしさを描いたハートウォーミング・ストーリー。
モンスターズ・インク MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] モンスターズ・インク MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 ディズニー・ピクサー社が放つ、モンスターシティにまぎれこんだ子供と怖がらせ屋のモンスターたちが繰り広げる心温まる冒険ファンタジー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi