イスラエルのアビ・モグラビ監督、対立深まるパレスチナ問題に警鐘鳴らす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月23日 > イスラエルのアビ・モグラビ監督、対立深まるパレスチナ問題に警鐘鳴らす
メニュー

イスラエルのアビ・モグラビ監督、対立深まるパレスチナ問題に警鐘鳴らす

2014年8月23日 15:15

イスラエル出身のアビ・モグラビ監督「庭園に入れば」

イスラエル出身のアビ・モグラビ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]イスラエル生まれの映像作家アビ・モグラビ監督が8月22日、都内で行われたトークショーに出席した。

この日のトークショーは、11月に東京で開催される「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2014」のプレイベント。モグラビ監督は、最新作「庭園に入れば」を通じ、今も対立が深まるイスラエルとパレスチナの関係を詳細に語った。

同作は、イスラエル人のモグラビ監督とパレスチナ人の友人アリが旅をするドキュメンタリー。かつてのアラビア世界が、民族や宗教などで隔てられることなく国境を自由に行き来していたことに触れながら、現在のイスラエル・パレスチナ間で起こる問題に迫っていく。

モグラビ監督は、紛争が激化するパレスチナ・ガザ地区について「私の理解では、(イスラエル政府は)次なる戦争に突入していく未来しか見ていないのでないか。一番の負担を背負っている中東全体にとって、未来のない無策というのはひどいことだと思う。いつまでも中東の陸の孤島になっていて、この土地から自分たちを切り離してどこかへいけないだけに、未来には新しい展開が見えない」と警鐘を鳴らす。しかし、2国間の対立に終わりは見えないと前置きしながらも「多くはないが、共に生きる日を夢見る人々がいることは事実だ」と希望を口にした。

「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2014」は、11月中旬から東京・新宿K's cinemaで開催。「庭園に入れば」のほか、約70本のドキュメンタリーを上映する。

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi