ランディ・ムーア監督、“夢の国”での過酷なゲリラ撮影を振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月17日 > ランディ・ムーア監督、“夢の国”での過酷なゲリラ撮影を振り返る
メニュー

ランディ・ムーア監督、“夢の国”での過酷なゲリラ撮影を振り返る

2014年7月17日 21:40

デーブ・スペクターとランディ・ムーア監督(右)「エスケイプ・フロム・トゥモロー」

デーブ・スペクターとランディ・ムーア監督(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ディズニーパーク内で無許可で撮影された問題作「エスケイプ・フロム・トゥモロー」の公開記念イベントが7月17日、都内で行われ、タレントのデーブ・スペクター、同パークを知り尽くすメディア研究者で関東学院大学教授の新井克弥氏らが出席。メガホンをとったランディ・ムーア監督もサプライズで駆けつけ、映画撮影の裏話で大盛り上がりした。

“夢の国”と称される某有名テーマパークを訪れた冴えない中年男の一家が、黒いプリンセスによって幻想の世界に迷い込んでいく姿を描いたダークファンタジー。

スペクターは、「一眼レフカメラやICレコーダーを使って隠れながら撮影したそうで、日本製機材があったからこそ実現した企画。変わった映画だけど新しい映像の手法に注目」とアピール。厳しい状況下での撮影ストレスで痩せてしまったというムーア監督は、「夏休みの設定なのに、ハロウィーンやクリスマスのデコレーションが始まってしまったので翌年まで待ったシーンもある。もちろん照明機材は持ち込めないので、光は太陽に頼るしかなかった」と過酷なゲリラ撮影を振り返った。

新井氏は、「ディズニーの“虎の威を借る狐”と思わないでほしい。ムーア監督はとてもウォルト・ディズニーの精神性をリスペクトしていて、映画のテーマはイマジネーション。ウォルト・ディズニーのクリエーションと主人公のデリュージョン(妄想)の対決。真のディズニー通ならニンマリすること間違いなし」と太鼓判を押した。

エスケイプ・フロム・トゥモロー」は7月19日より公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi