アニメ制作会社トムス・エンタテインメント、ナイジェリアで日本産アニメ放送開始 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月30日 > アニメ制作会社トムス・エンタテインメント、ナイジェリアで日本産アニメ放送開始
メニュー

アニメ制作会社トムス・エンタテインメント、ナイジェリアで日本産アニメ放送開始

2014年6月30日 06:20

Taiyo Channel「ルパン三世」

Taiyo Channel
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメ「ルパン三世」シリーズやアニメ「名探偵コナン」シリーズ、「アンパンマン」シリーズを手掛けるアニメ制作会社トムス・エンタテインメントは、太陽インダストリーアフリカ(TIA)に資本参加および業務提携し、7月からナイジェリアでアニメビジネスを展開すると発表した。

経済成長率が高いことで知られるナイジェリアは、アフリカの国々のなかでもアニメ視聴の主なターゲットとなる中間層の人口がエジプトに次いで多く、アニメ産業にとって大きな可能性を有する市場として注目を集めている。トムス・エンタテインメントは、TIAがアフリカで展開するビジネスの可能性、ナイジェリアを拠点とした強固なネットワーク形成にいち早く注目し、資本参加を決定。自社コンテンツの供給にとどまらず、アニメ制作とライセンスビジネスにおけるノウハウの提供や人材交流を通じて、アフリカ大陸でのアニメビジネスを拡大していく予定だ。

TIAは、2010年の創業以来「アフリカの子供たちのために、未来のために」をコンセプトに、ナイジェリア政府および現地企業との協力体制のもと、アニメ事業を軸に複数の業種と連携したユニークなビジネスを展開。2013年には、ナイジェリアの大手民間テレビ局「Channels TV」と独占契約を締結し、日本アニメの24時間専門チャンネルである「Taiyo Channel」開局に向けた準備を進めている。開局に先立ち、7月からは毎週土・日曜日に「Channels TV」でのスペシャルプログラムとして、「モンスターファーム」や「ANISAVA」をはじめとした日本産アニメが放送される。

また、TIAはアニメ産業の中核となるアニメーターのほか、人材育成を目的としたアニメ学校を立ち上げる計画も推進。将来的には、ナイジェリア国内でのアニメ制作を目指す。さらに、日本製土壌改良材による農業振興や電力供給サービス事業などに着手し、人口の過半数を占める農業従事者の所得向上と、アニメ視聴環境の改善によるコンテンツ市場としての基盤底上げに注力している。(トーキョーアニメニュース)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi