ジョニー・デップ「トランセンデンス」インタビュー映像を独占入手! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月20日 > ジョニー・デップ「トランセンデンス」インタビュー映像を独占入手!
メニュー

ジョニー・デップ「トランセンデンス」インタビュー映像を独占入手!

2014年6月20日 13:15

誰かをアップロードできるとしたら、 「ジョン・レノンと話がしてみたい」と語ったデップ「トランセンデンス」

誰かをアップロードできるとしたら、
「ジョン・レノンと話がしてみたい」と語ったデップ
Photo: Magnus Sundholm. Copyright: For JAPAN only
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン製作総指揮のSF大作「トランセンデンス」で主演を務めたジョニー・デップのインタビュー映像を、映画.comが独占入手した。

デップは同映像で、自ら演じる科学者ウィルの頭脳が、妻エヴリンの手によってコンピュータにアップロードされることで、死の淵から命を吹き返すという役どころを説明。「生命をコントロールするなんて非道徳だが、一瞬で決めなければならない」と語りながら、「これは風変わりなSFだが、ラブストーリーでもある」と作品を評した。

同作は、今後40年以内に起こると言われているコンピュータが人類の知性を超える“超越”現象(トランセンデンス)が大きなテーマ。デップはそうしたテクノロジーの進化に対して、「僕たちがテクノロジー中毒になっていることは事実だ」と言い、「世界中どこに行っても携帯メールを打つ人だらけだ。取りつかれたなんてものじゃない。使いこなしていると思っているけど、テクノロジーに使われているのは僕らだ」と警鐘を鳴らす。もちろん、「科学やテクノロジーを通して、多くの命が救われるが」と医療での活用などの利点も認めているが、「諸刃の剣でもある別の面が恐ろしい」と持論を語っている。

「観客には『選択肢を考えておこう、(こういった事態にどうするか)いつか質問されて選ぶことがあるかもしれない』と思っていてほしい」という期待とともに、「トランセンデンス」が急速な科学技術の進化に対する問題提起でもあると述べたデップ。最後に「もし、誰かの脳をコンピュータにアップロードできるようになったら?」と問われると、「ジョン・レノンだね、彼と話がしてみたい」と答えている。

同作は、「メメント」以降のノーラン全監督作で撮影監督を務めてきたウォーリー・フィスターの監督デビュー作。共演は、レベッカ・ホールポール・ベタニーケイト・マーラモーガン・フリーマンキリアン・マーフィほか。6月28日から全国公開(一部劇場で27日に先行公開)。

スリーピー・ホロウ スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] スリーピー・ホロウ スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 ティム・バートン監督×ジョニー・デップ主演で贈るゴシック・ミステリー・ホラー!
ショコラ[Blu-ray/ブルーレイ] ショコラ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,442 第73回アカデミー賞5部門ノミネート、すべての人を幸せにしてしまう、不思議なチョコレートを売る母娘の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi