幼女暴行事件被害者家族の苦しみと再生を描いた「ソウォン 願い」特報 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月21日 > 幼女暴行事件被害者家族の苦しみと再生を描いた「ソウォン 願い」特報
メニュー

幼女暴行事件被害者家族の苦しみと再生を描いた「ソウォン 願い」特報

2014年5月21日 13:45

「ソウォン 願い」ポスター画像「ソウォン 願い」

「ソウォン 願い」ポスター画像
(C)2013 LOTTE ENTERTAINMENT
All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2008年に韓国で実際に起きた幼女暴行事件とその裁判結果を基に、被害者家族の苦しみと再生を描き、第34回青龍映画賞最優秀作品賞含む3冠に輝いた映画「ソウォン 願い」の特報動画とポスタービジュアルが公開された。

1230万人を動員した大ヒット作「王の男」のイ・ジュンイク監督がメガホンをとり、タブー視される事件をテーマにしながら被害者の耐え難い苦しみに真摯に向き合い、被害者とその家族が絶望の中で見出していく希望を描くことで、これまでの韓国映画が繰り返し描いてきた復讐とは別の形の復讐を提示した。平凡で非力な父親役にソル・ギョング、母親役にはベテラン女優のオム・ジウォン。そして、新星イレが物語の軸となる少女・ソウォン役を演じた。

8歳の少女ソウォンはある朝、通学途中に酒に酔った男に暴行される。ソウォンは体と心に生涯消すことができない傷を受け、両親は泣き崩れる。マスコミが病院に殺到し、しかも犯人の有罪を立証するために、裁判ではソウォン自身の証言が必要となり、家族はさらに追い詰められていく。そんな中、ソウォンが父ジョングを見る度に、事件の際の犯人の男の記憶がよみがえって怯えるようになる。

特報映像は、ソウォンが病院に運ばれる模様をマスコミがレポートする緊迫したシーンからスタート。少女を守れなかった家族のそれぞれが自分自身を責める中、最後に映し出されるソウォンの笑顔が、幸せを求めて前を向く家族の姿を暗示する仕上がりだ。

ソウォン 願い」は8月9日から新宿シネマカリテほか全国順次公開。

王の男[DVD] 王の男[DVD] 最安価格: - 韓国動員数歴代No.1を記録した、イ・ジュンギ主演による華麗なる王朝ロマン大作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi