韓国歴史的ヒットの「王の男」は「同性愛映画ではない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月26日 > 韓国歴史的ヒットの「王の男」は「同性愛映画ではない」
メニュー

韓国歴史的ヒットの「王の男」は「同性愛映画ではない」

2006年9月26日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

ポスターと同じ構図で並ぶ (左から)カム・ウソン、チョン・ジニョン、イ・ジュンギ「王の男」

ポスターと同じ構図で並ぶ
(左から)カム・ウソン、チョン・ジニョン、イ・ジュンギ
[拡大画像]

昨年12月に韓国で公開されて1230万人を動員し、「ブラザーフッド」が持っていた観客動員記録を破った話題のドラマ「王の男」(06年9月に「グエムル/漢江の怪物」が本作を抜いて歴代1位になっている)。本作の主演カム・ウソンイ・ジュンギチョン・ジニョンによる来日記者会見が、9月25日、ホテルニューオータニ(東京・赤坂)にて開かれた。

16世紀初頭の朝鮮王朝時代が舞台の「王の男」は、実在した暴君ヨンサングンと、彼によって宮廷に招き入れられた2人の旅芸人チャンセンとコンギルの運命を描く物語。チャンセンとコンギルは固い友情で結ばれた幼なじみで、女形のコンギルはヨンサングンの寵愛を受ける。女性と見まがうほどの端整な容姿を持つコンギルを演じたイ・ジュンギは、「中性的で神秘的な雰囲気を出すのに苦労した。いろんな映画を観て女性の眼差しを研究した」そう。「4カ月間の撮影後も女性っぽい仕草や言葉遣いが残って大変だった」と語り、そのなりきりぶりには注目だ。

また、その一方でイ・ジョンギは、ヨンサングンとコンギルの関係を「同性愛と言われるのは自分にとって負担」と複雑な心境を告白。「ヨンサングンとコンギルはともに孤独な境遇で、コンギルにとってはむしろ母性のようなもの」。そんな本作が大ヒットしたことによって「いろいろ騒がれて心に傷を負ったところもあるが、俳優として多くを学び、この映画に出られて本当に光栄」と語っていた。

王の男」は12月9日ロードショー。

王の男[DVD] 王の男[DVD] 最安価格: - 国動員数歴代No.1を記録した、イ・ジュンギ主演による華麗なる王朝ロマン大作!
グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST)[DVD] グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST)[DVD] 最安価格: ¥204 世界中を震撼させた恐怖と興奮と迫力のモンスターパニック・ムービー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi