吉岡秀隆、「三丁目の夕日」で共演の三浦友和との“対決”に困惑? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月23日 > 吉岡秀隆、「三丁目の夕日」で共演の三浦友和との“対決”に困惑?
メニュー

吉岡秀隆、「三丁目の夕日」で共演の三浦友和との“対決”に困惑?

2014年4月23日 20:25

(左から)河合勇人監督、吉岡秀隆、三浦友和、真飛聖「ALWAYS 三丁目の夕日」

(左から)河合勇人監督、吉岡秀隆、三浦友和、真飛聖
[拡大画像]

[映画.com ニュース] WOWOWの連続ドラマW「トクソウ」の完成披露試写会が4月23日、都内で行われ、主演の吉岡秀隆をはじめ、真飛聖、三浦友和河合勇人監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

日本最強の捜査機関と言われ、ロッキード事件やリクルート事件など様々な歴史的事件を摘発してきた「特捜検察」の存在にメスを入れる本作。特捜に着任したばかりの検事・織田、絶大な権力を誇る副部長・鬼塚、女性司法記者・桜井が、とある贈収賄事件を軸に謎に包まれた特捜、日本特有の司法記者クラブの実態をあぶり出す。

吉岡は「WOWOWらしい、WOWOWならではのドラマができました」と自信をうかがわせ、「三浦さんは民放ドラマ(『極悪がんぼ』)の頭ですが、WOWOWです!」と金髪の三浦を茶化したが、三浦は「最近、この頭に慣れてきました」と苦笑い。事件をめぐる2人の“直接対決”がヤマとなるが、吉岡は「三浦さんは『ALWAYS 三丁目の夕日』の時の優しいイメージしかなかったんですが(苦笑)」と困惑気味だ。それでも、「寒風吹きすさぶ群馬のダムで、微動だにしない三浦さんを見ながら演じました」。一方の三浦は、「寒くて動けなかったんです。たくさん着込んでいたから」とおどけていた。

真飛は、男ばかりの世界でスクープをものにしようと検察上層部に接触する記者を演じたが「大変な仕事だなと思いましたが、(役柄に)共感も覚えた」と充実した面持ち。男ばかりの現場で唯一、「ホステスとして潜入するシーンだけは女性ばかりで、この日はスタッフの皆さんも楽しそうでした」と撮影現場の裏事情を明かし、会場の笑いを誘った。

河合監督は「闇に切り込むということで、取材を重ねて挑みました」と骨太なドラマの出来栄えに満足げ。第1話がWOWOWで無料放送されるが、吉岡は「1話よりも2話はもっと面白いです」とアピール。さらに、「現在進行形で起こっていることを描いた生ものですので、お早めにお召し上がりください!」と呼びかけていた。

WOWOWドラマW「トクソウ」は5月11日から放送開始(全5話/第1話無料放送)。

ALWAYS 三丁目の夕日/続・三丁目の夕日/三丁目の夕日&#3...[Blu-ray/ブルーレイ] ALWAYS 三丁目の夕日/続・三丁目の夕日/三丁目の夕日&#3...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥10,689 全ての日本人に贈る、西岸良平原作の心温まるヒューマンドラマ「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ3作品をセットにしたBlu-ray BOX!
「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町...[DVD] 「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町...[DVD] 最安価格: ¥1,732 全ての日本人に贈る、西岸良平原作の心温まるヒューマンドラマ「ALWAYS 三丁目の夕日」が帰って来た!前作のラストから5年後を描く「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」のナビゲートDVD!!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi