「BiS」主演作第2弾が完成!「映画のたびにメンバーが辞めていく」と自虐挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月27日 > 「BiS」主演作第2弾が完成!「映画のたびにメンバーが辞めていく」と自虐挨拶
メニュー

「BiS」主演作第2弾が完成!「映画のたびにメンバーが辞めていく」と自虐挨拶

2013年11月27日 12:09

主演を務めたアイドルグループ「BiS」のふたり「アイドル・イズ・デッド」

主演を務めたアイドルグループ「BiS」のふたり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイドルグループ「BiS」の主演映画第2弾「アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争」の完成披露試写会が11月26日、都内で行われ、出演するメンバーのプー・ルイ、ヒラノノゾミ、共演する柳英里紗金子沙織國武綾三輪ひとみ大島葉子加藤行宏監督(「人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女」)が舞台挨拶に立った。

音楽と映画のコラボレーション作品を集めた映画祭「MOOSIC LAB 2012」で観客賞を受賞したガールズアクション「アイドル・イズ・デッド」(2012)の続編。加藤監督が再登板し、新たなアイドルグループ「エレクトリック★キス」が企てる陰謀に立ち向かうBiSメンバーの奮闘を、ブラックユーモアを交えながら描く。

リーダー兼ヨゴレ担当のプー・ルイは「不吉なタイトル通り、映画のたびにメンバーが辞めていく……」と自虐的に挨拶。主人公・ノンちゃんを演じるマイペース担当のヒラノノゾミは「BiSを知っている人も、知らない人も楽しんでもらえる作品」とアピールした。

また、加藤監督は「アイドルに詳しい人間ではないが、BiSのパフォーマンスやキャラクターに魅力を感じた」といい、「ライブシーンを撮ると告知すれば、ファンの皆さんが我先にとエキストラに駆けつけてくれた」と述懐。350人以上が参加したクライマックスのライブシーンに胸を張った。

撮影時の出演メンバーであるテラシマユフが13年5月、ミチバヤシシオリが同年9月にそれぞれ脱退。世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏が正式加入した後、終身名誉メンバーになり、11月に開催された音楽イベント「TOKYO BOOTLEG 7th anniversary」で、“味つけ担当”コショージメグミの加入を発表。現在BiSは6人体制で活動している。

アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争」は2014年1月11日から公開。

アイドル・イズ・デッド[DVD] アイドル・イズ・デッド[DVD] 最安価格: ¥3,488 アイドル戦国時代を生き抜け!アイドル・BiS主演のアクション・ムービー!!
ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」[DVD] ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」[DVD] 最安価格: ¥3,627 破天荒な活動を展開するBiSが2階以外満席で失敗させた。BiSの国技館ワンマンライブを完全収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi