“ピンク四天王”佐藤寿保監督、構想10年「華魂」に「今やらなければいつやるんだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月5日 > “ピンク四天王”佐藤寿保監督、構想10年「華魂」に「今やらなければいつやるんだ」
メニュー

“ピンク四天王”佐藤寿保監督、構想10年「華魂」に「今やらなければいつやるんだ」

2013年11月5日 19:20

島村舞花、桜木梨奈、佐藤寿保監督(左から)「華魂」

島村舞花、桜木梨奈、佐藤寿保監督(左から)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “ピンク四天王”の1人に数えられる鬼才・佐藤寿保監督の最新作「華魂」の完成披露試写会が11月5日、都内で行われ、主演の桜木梨奈島村舞花、佐藤監督が舞台挨拶に立った。

クラスメイトから壮絶ないじめを受ける女子高生・瑞希(桜木)は、同じいじめられっ子の桐絵(島村)、柴内(浅田駿)と力を合わせていじめに対抗することを誓う。しかし3人へのいじめはエスカレートする一方で、やがて瑞希は毒々しい巨大花「華魂」に憑依され、いじめっ子たちへの凄惨な復しゅうを決行していく。脚本を「苦役列車」のいまおかしんじ、音楽をNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の大友良英が手がけた。

構想10年を経て完成にこぎ着けた佐藤監督は、「2001年の9・11の時に『華魂』のイメージが浮かび上がって、2011年の3・11の福島原発事故で、これは今やらなければいつやるんだと思った。世界規模でいじめが蔓延していて、学校はその縮図。私も業界のいじめられっ子なので『このまま潰されないぞ、このやろう!』と心に込めて作った」と熱く語った。

フィギュアなあなた」「甘い鞭」と石井隆監督作品に連続出演を果たした桜木は、本作でもフルヌードをはじめ体当たりの熱演を見せており、「私も小学校や中学校でいじめられた経験があったので、初めて台本を読んだ時、私もいじめにも負けないで自分を貫き通していく強い女の子・瑞希みたいに、自分の気持ちを強くもっていじめに立ち向かえる人間になりたかったなと思った」と心を打たれた。そして、「瑞希という役を通してそれができたかなと思った。抑圧を受けている人がこの映画を見て自分を奮い立たせられるような、勇気を与える映画になったらいいなと、負けないぞという気持ちで挑んだ」と決意を振り返った。

桜木はすぐに佐藤監督と意気投合し、「初めて会った時から熱気がムアっとしていて、今までの過去の思いやこの作品に対する自分の思いとかを全部話せると思った。愛情に満ちあふれた監督」と全幅の信頼。島村も、「監督自身がすごくアプローチをしてくれた。コミュニケーションも柔らかいのでこちらも感情を出しやすいし、つらいシーンもたくさんあったけれど楽しかったし充実していた」と振り返った。

佐藤監督は、「2人とも撮影に入る前から瑞希と桐絵になりきっていた。桜木は『私を選ばなかったら誰を選ぶのよ!』というオーラが出ていたし、あとはいかに愛と勇気と希望のわく映画にするか、2人を美しく撮るかだけだった」と述懐した。

華魂」は1月18日より公開。

刺青 SI-SEI[DVD] 刺青 SI-SEI[DVD] 最安価格: ¥5,076 刺青をテーマにした谷崎潤一郎の原作小説を吉井怜主演で映画化。監督:佐藤寿保
苦役列車[DVD] 苦役列車[DVD] 最安価格: ¥3,106 第144回芥川賞受賞・西村賢太の小説を映画化。脚本:いまおかしんじ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ライフの評論 ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okjaの評論 オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書の評論 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
映画評論の一覧を見る
Jobnavi