美空ひばり座、嵐山から太秦映画村に移築へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月1日 > 美空ひばり座、嵐山から太秦映画村に移築へ
メニュー

美空ひばり座、嵐山から太秦映画村に移築へ

2013年9月1日 16:10

[映画.com ニュース] 今年5月31日に閉館していた故美空ひばりさんの記念館「京都嵐山 美空ひばり座」が、京都・太秦にある東映京都太秦映画村内に移築され、装いも新たに「京都太秦 美空ひばり座」として10月12日に再オープンすることになった。「東映の岡田裕介社長をはじめ、多くのスタッフ、さらに、進言してくださった後援会・美空ひばり座ボランティア・スタッフに感謝したい」(ひばりプロダクションの加藤和也社長)。

東映太秦撮影所は、ひばりさんの映画作品を多数生んできた、いわば“聖地”とも言うべき場所。「中でも得意の時代劇、男形や姫様役、練習に練習を重ねた殺陣を披露させていただいたのも、実は、この東映太秦撮影所で撮られた63作品だったんです」。加藤社長によれば昭和33年、ひばりさんが21歳の年に、わずか1年の間に16本もの作品が封切られたと言い「この年から、昭和38年までの6年間、集中して映画撮影に取り組むために京都の岡崎に居を構えた。母にとって京都は“第2のふるさと”」とも。その第2のふるさとである京都の嵐山で約20年間、ひばりさんのミュージアムは営業してきたが、時代の流れに即し、新しい形でのミュージアム展開を図りたいと、一旦、「京都嵐山 美空ひばり座」を閉館したという。

ところが、根強いファンの中から嵐山の「京都嵐山 美空ひばり座」閉館を惜しむ声がわき上がった。今回、そうした声に押される形で太秦への移築が水面下で進められてきたと言う。加藤社長は、「東映の岡田社長の元を訪れ、お願いした結果、太秦映画村の方々によって移築プランが練られ、今回の再オープンが決まっていった。思い出深い、青春の詰まった太秦に座らせていただくこと……、母も喜んでいるように思います」と語った。(文化通信)

DVD美空ひばり全曲集~歌い継がれる永遠のメロディー~[DVD] DVD美空ひばり全曲集~歌い継がれる永遠のメロディー~[DVD] 最安価格: ¥13,478 美空ひばりの選りすぐりの名曲を収録した保存版DVDが、特典映像満載のボーナスディスク付きで登場!
悲しき小鳩[DVD] 悲しき小鳩[DVD] 最安価格: ¥3,201 学校を辞め、父と共にサーカス巡業に繰り出すことにしたまり子。父との生活に満ちたりていたまり子だったが、唯一、母が居ないことが寂しかった。母は、熱海で別の男と暮らしており…。出演:美空ひばり

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi